治療内容

捻挫・打撲

関節には筋肉・腱・靭帯などの組織があり、ひねってそれらを傷めてしまうのが「捻挫」です。レントゲン検査で異常が無く、多くは軽視して一般的な整形外科・治療院では湿布のみの治療になってしまいがちです。レントゲンでは見えない部分をエコー検診で細かく状態を確認し、治療方針を見極めます。早期に回復させる物理療法やリハビリによって後遺症を残さない事が重要となります。
打撲の場合は内出血が起こる事もあり初期治療を怠ると関節内の腫れが引かずに何かの弾みで痛みが出る様な後遺症を残す場合があります。症状に合わせた最適の治療方針をご提案致します。

捻挫・打撲 ギャラリー