オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

アキレス腱

20f5f574fc12998af01efc03fa2e0275-1_R

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

今日はアキレス腱の痛みについてお伝えさせていただきます。

アキレス腱という言葉は聞いたことあるけど実際どんな働きがあるのか、そもそも何から出来てるものなのかご存知じゃない方も多いのではないでしょうか。

アキレス腱って何?!

ふくらはぎの筋肉を下腿三頭筋と言いますがその下腿三頭筋と踵を結ぶ人体中最大の腱と言われています。

この下腿三頭筋の下部の部分がアキレス腱となります。

アキレス腱の働きって?!

歩行や疾走・跳躍などの運動の際、爪先を蹴り出す時にかかとを持ち上げたり、着地する足の爪先を地面に踏み込ませるなど重要な機能を果たしています。

このアキレス腱の周りに痛みがでる場合がありますが、その場合疑われるのはアキレス腱炎というものです。

アキレス腱炎とは

運動やジャンプ動作で踵に着くアキレス腱に負荷がかかり、アキレス腱に炎症が起こったり、微細な断裂が起きている状態です。

症状はアキレス腱が腫れたり、熱感があります。

運動の開始時や終了時に痛む初期段階から朝起きての一歩目の痛みや足を上に上げる時に痛む・安静時の痛みなど様々です。

アキレス腱炎の治療

アキレス腱とは先程お伝えさせて頂いたように下腿三頭筋からなる組織なので、アキレス腱局所だけではなく主に手技治療や超音波治療で下腿三頭筋の血流を改善し、柔軟性を上げたり負担が溜まりにくい状態にし痛みを取るだけではなく再発防止をします。

アキレス腱の痛みを放っておくとアキレス腱断裂など、大きな怪我に発展してしまう可能性もあります。

アキレス腱の痛みでお困りの方は、ぜひ一度なかの杜接骨院までご相談ください!!

腰痛の左右差

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

腰の痛みが出る原因は沢山ありますが、その中でも最も多いのが筋肉による痛みです。

 

筋肉を使うことで負担が蓄積し、硬くなり、血流障害が起きて痛みを出してしまいます。

 

筋肉は日常生活で必ず使うものですのでしっかりケアをしない限り負担がどんどん蓄積してしまいます。

 

腰痛の左右差

 

なぜ腰痛に左右差があるのかについてお話していきます。

 

左右差は

・人間の身体が左右対称に出来ていない。

・人によって身体の使い方にクセがある。

・仕事でよくする姿勢や動作

などが原因で起こってきます。

 

人の身体というのは

骨、筋肉、靭帯、臓器、血管、神経などで作られています。

そして、これらは全てが必ずしも左右対称ではありません。

 

実際、腰につく筋肉は左右それぞれ分かれています。

 

「起立筋 無料素材」の画像検索結果

 

 

身体の左右差でどちらの筋肉に負担がかかりやすいかが分かれてきます。

 

仕事の内容によって左右の差が出てくることもすごく多いです。

右で作業をする、左で荷物を持つ、左足荷重、右足荷重などの差でも

負担のかかり方は大きく変わってきます。

このような少しの差でも痛みのでかたに違いが出てきます。

 

腰痛を根本的に治していくためには原因をはっきり特定し、そこに対してのアプローチをしていくのが大切になります。

 

腰痛にお悩みの方は、ぜひなかの杜接骨院にご相談ください!!

怪我の一番の予防

203_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

皆さんは、運動やスポーツ前や終わった後のウォーミングアップやクールダウンをきちんと行っていますか?

怪我の予防のために一番重要なことです。

 
そもそも、ウォーミングアップ・クールダウンにはどの様な役割があるのか?

ウォーミングアップとは、「warm」「up」 という言葉からなっています。
warm・・・暖める

up・・・上げる
身体を暖める、体温を上げるという意味があります。

・スポーツする前に、軽い準備運動。
・物事を本格的に始める前にする軽いならし。

目的

→体温、筋温の上昇

→神経の促通

→柔軟性の向上

ウォーミングアップは心拍数の上昇、筋肉の温度をあげて神経系の回路伝達を良くする目的を持っています。

筋肉が温まることによって血液の流れも良くなり柔軟性が出てきます。

よって、運動のパフォーマンスが向上する効果が期待できるのです。

 

クールダウンはその言葉の通り「cool」「down」という言葉からなっています。

cool・・・冷ます

down・・・下げる

体の体温を運動前に戻すという意味があります。
目的

→運動前の体温に戻す

→疲労を溜めない

 

クールダウンの効果は主に2つあります。

1つ目は「疲労の軽減」です。

ほとんどのスポーツは全身に疲労がたまるわけではありません。

足や腕など部分的に使った場所に疲労がたまりやすくなります。

運動で使った部分には疲労を感じる原因となる「乳酸」がたくさん蓄積してしまうものです。

乳酸がたまればたまるほど疲労を感じて筋肉痛になってしまいます。

しかし、きちんとクールダウンをしておけば乳酸がたまりにくくなるので疲労も感じなくなるのです。

 

 

2つ目は「故障の予防効果」が期待できます。

疲労物質をすぐに取りのぞくことで次にスポーツをしたとき、故障する可能性を軽減してくれるのです。
それぞれを、運動前後で行うことで怪我をする事は大幅に減少します。

楽しく運動していくために行っていきましょう。
普段からの心がけひとつで体の調子が良い状態で運動や日常生活を送ることができます!

熱中症

heat-stroke-firedog_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

 

梅雨も明けて最近はさらに暑さが増してきましたね。

この時期は熱中症対策としても水分補給が大事になってきます!

人の身体は自分では気づかないうちに水分が失われ

「喉が乾いた」と思った時にはすでに脱水気味になってしまっていることもあります。

たとえ汗をかいていなくてもこまめに水分を摂取することが大切です!!

 

 

さらに水分補給をする際にはナトリウムやカリウムなどのミネラル、

ビタミンも一緒に補給出来るとさらに効果があります!!!

 

これからの暑い時期は外で仕事をする人、スポーツをする人はもちろんですが、室内にいる時間の多い方でもきちんと水分補給をして熱中症を予防しましょう!

 

 

接骨院での治療の際も治療によって代謝が良くなり、

汗をかきやすくなったりするので

お飲み物持参されてもいいかもしれませんね(^^)

ふくらはぎのむくみ・だるさ

1431334612_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は、ふくらはぎのだるさの原因、解消法をご紹介します。

 

これからの時期に男女問わず、サンダルを履くことが多くなりますね。また、冷房により足が冷やされむくみやすくもなってきます。

サンダルやパンプスを履いたり、長時間歩いた日に起こる、ふくらはぎむくみやだるさの原因はいくつかあります。

 

ふくらはぎのむくみやだるさの原因

1.姿勢が悪い

2.水分不足

3.日頃の運動不足

 

この3つは全て『血行不良』が原因です。

ふくらはぎの血流が悪いと、血管内の圧力が上がってきてしまいます。

そのため体がなんとか圧力を下げようとした苦肉の策が、血の中の血漿成分を血管の外ヘ染み出させことなんです

 

その状態が続くと染み出た血漿成分は再吸収されず、結果的にふくらはぎがパンパンにむくんでしまうんです。

 

そんなふくらはぎのむくみやだるさの解消法はこちら。

 

1.湯舟に浸かる

…湯舟に浸かると水圧を受けます。

この圧力はウエストが3~6cmも細くなるほど!この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。

 

2.喉が渇く前の水分補給

…軽い脱水症状になってしまうと、人はのどの渇きを感じにくくなります。

のどが渇く前にこまめに水分補給をすることが大切です。

睡眠中にも私たちの体は汗をかくことによって水分を消費しています。

起床時には水分補給を忘れずに行いましょう。水分をこまめに摂取することで体内を

めぐる血液量が安定し、健康維持も期待できます。

 

3.ストレッチ

ふくらはぎのストレッチはもちろん、全身のストレッチが効果的です。

お仕事の合間に伸びをするだけでも良いです。

 

毎日無理なく血流をよくすることを心掛けてみてください!

 

また、なかなか良くならないむくみは、筋肉や関節を痛めていたり、内臓の病気の場合もありますので、もし気になる方は一度なかの杜接骨院までご相談ください。

突き指?骨折?

4700000278_354e43ecfd_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

サッカーW杯   日本 対 ベルギー

 

皆さんはご覧になりましたか?

 

私荒川は、おかげで寝不足でございます。

なんとも惜しい試合でしたね。とても悔しい結果でしたが、選手の皆さんには胸を張って帰国してもらいたいものですね。

改めてベスト16おめでとうございます!!

 

さて、先日友達と一緒にバスケをしていた時のこと。

プレー中に友達が指にボールをぶつけて負傷。

バスケに限らず、スポーツや日常的によくある『突き指』

友達は「全然大丈夫!」といっていましたが、時間がたつにつれて指がパンパンに。

嫌な予感が、、

 

練習後、接骨院に帰ってきてエコー検査をしたところ、やっぱり!!

見事に骨折してました(:_;)

 

夜も遅かったのでその日はとりあえず固定して終了。

 

たかが「突き指」と思っていても『骨折』してることは本当によくあります。

 

もし、怪しいなと感じたらすぐに医療機関を受診しましょう!

 

なかの杜接骨院では、エコー検査での骨折の有無をチェックし、骨折治療器にて治療を行っております。

僅かな痛みでも不安に感じたらいつでもご相談ください。

 

寝不足と頭痛の関係

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

現在、W杯が開催されています。

1-C-TOY579_R

 

日本は第1戦コロンビア相手に2−1で勝利し、2戦目のセネガル戦で引き分けと、決勝Tまであと一歩のところまできてますね!!

第3戦のポーランド戦も日本が勝てるようみんなで応援しましょう!!

 

 

ですが、、、

皆さま、ロシアとの時差の問題で寝不足にはなっていませんでしょうか!

 

 

今日は寝不足と頭痛の関係についてと対処法をお教えします。

IMG_3499.jpeg

 

寝不足とは、睡眠時間を十分にとれなかったり、睡眠の質が悪かったりして、スッキリ起きられない、日中に眠気が襲ってくるといった状態をいいます。

 

頭痛は、風邪や二日酔いなどさまざまな原因で起きますが、寝不足も原因のひとつです。

 

寝不足による頭痛は「緊張型頭痛」「片頭痛」が関連していることが多いので、まずは自分の頭痛の症状はどれに当てはまるのか確認しましょう。

 

「緊張型頭痛」は慢性的に起こる頭痛の中では最も多いタイプとして知られています。次のような症状が特徴です。

 

①後頭部から頭全体にかけて頭を締め付けるような鈍痛を感じる

②ゆっくりと時間をかけて痛みが強まる

③頭の両側に痛みが出る

④吐き気や嘔吐はあまりない

⑤心臓の脈拍に合わせて痛みが強くなったり弱くなったり変化はしない

 

 

「片頭痛」は、日本人の多くの人が悩まされているタイプの頭痛と分かっています。次のような症状が特徴です。

 

①頭に脈を打つような強い痛みがある

②急に痛みが出てくる

③頭を動かす動作によって痛みが強くなる

④吐き気や嘔吐がある

⑤脈に合わせるように痛みが変化する

⑥痛みが出るとき、光や音、匂いなどに過敏になる

 

 

「緊張性頭痛」

 

筋肉の緊張によって引き起こされるため、この緊張をほぐす方法が有効です。

 

①入浴

こめかみや肩などの筋肉の緊張を、湯船でゆっくり温めることでほぐしていきます。

 

②軽い運動

肩を回すといった軽い運動をして、長時間にわたって同じ姿勢を続けないようにします。筋肉を動かすことで、筋肉の緊張がゆるみ緊張性頭痛が軽くなります。

 

 

 

「片頭痛」

 

血管が広がることで痛みが出るので、血管を収縮させる行動によって痛みが治ります。

 

①頭部を冷やす

首の真後ろのくぼんだところを冷却シートや冷えたタオル、氷嚢(ひょうのう)などを使って冷やすと血管が収縮し、痛みが和らぎます。

 

 

②薄暗く静かなところで休む

光や音などに過敏になるので、静かで暗い場所でゆっくりと休みましょう。

 

③暑い場所で過ごさない

暑さによって、頭部の血管が広がり、頭痛を悪化させる可能性があります。できるだけ涼しいところで過ごすようにしたり、外出するときには日光を避けられるように帽子をかぶったりするなど工夫をすると良いです。

 

 

寝不足を解消するには、

質の高い十分な睡眠時間をとることが大切です。

人によって必要な睡眠時間は異なるため、自分にとって最適な時間を知ったうえで、十分な睡眠をとりましょう。

 

 

W杯の応援も大事ですが、自分自身の体調と相談し、健康に気を付けましょう!!

 

 

頭痛でお悩みの方は、一度なかの杜接骨院までご相談ください!

子供の姿勢矯正

shisei_isu_boy_bad_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

先日、小学生のお子さんを持つ患者様から

「息子の姿勢が悪いんだけど矯正したほうがいいんですか?」という質問を受けました。

 

子供だから放置していても、成長していく過程で勝手に良くなっていくんじゃないの?

と疑問に思う方もいると思います。

 

確かに成長期の年齢ですと、正しい姿勢を維持させるのに必要な筋肉の未発達で、正しい姿勢をキープし続けるのが難しいお子様が多いです。

 

部活動や日常生活の中で筋力が発達して良くなる場合もありますが、それまでの間不良姿勢を放置していると様々なデメリットがあります。

 

 

①スポーツ中の運動パフォーマンスの低下

姿勢が悪い状態というのは、本来人間が持つ関節の可動範囲を狭めてしまいます。

例えば、野球の投球時、水泳での泳ぐ動作、バレーのスパイク、

また走るスポーツにおいては十分に腕を振ることができずタイムが低下してしまいます。

 

 

②集中力の低下

猫背のように頭が体の前に出ている姿勢というのは、首から頭部にかけての血行不良を引き起こします。

脳に十分に酸素が行き渡らなければ、集中力の低下や記憶力の低下を引き起こしますので、学業面での影響を及ぼす可能性があります。

 

 

③将来的慢性的な腰痛や肩こりになるリスク増大

子供に限らずですが、不良姿勢が続くと首や肩、腰に負担が大きくかかります。

直近では子供でも肩こりや腰痛に悩ませれて受診される方もいます。

 

 

なかの杜接骨院では、猫背矯正姿勢矯正、を行っております。

もしお子さんの姿勢に気になるようなことがあれば、ぜひ一度なかの杜接骨院までご相談ください!!

 

足底腱膜炎

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は『足底腱膜炎』についてお話します。

 
足底筋膜炎とは足底【足の裏】の筋肉を使いすぎることで足裏に痛みがでる症状のことです。

 

長時間歩かれる方や長時間立ち続ける方に症状が現れやすいです。

症状としては踵の内側の痛みや土踏まずのところに、歩く時の踵が付く時や朝一番での歩き始めの時に痛みが出ます。

 

この足底筋膜炎で原因になりやすい筋肉は短母指屈筋と言われる筋肉です。

短母指屈筋とは、踵から足の親指の付け根まで付いていて親指を曲げる時に働きます。

歩く時や立つ時は身体を安定させようと親指のところに地面を掴むために無意識に力が入ってしまい、使い続けてしまっている状態です。

この短母指屈筋を使い続けることで筋肉の血液の流れが悪くなった結果、筋肉が硬くなり付着部である踵に牽引力がかかってしまい痛みを引き起こしてしまいます。

 

この足底筋膜炎の治療で大切なポイントは、この短母指屈筋の柔軟性を高める治療をしていくことです!

具体的には短母指屈筋の血液の流れを改善させ筋肉の柔軟性を高め、筋の付着部である踵に負担がかからないようにしていきます。

また痛みが出ている部分には超音波治療やハイボルト治療などで局所の痛みを緩和させていきます。

足底筋膜炎でお困りの方は、なかの杜接骨院にご相談を(^^)

野球肩

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は『野球肩』についてお話します。

 

野球をしていて肩が痛くなる。投げる瞬間に痛い。腕を回すときに痛い。普段は痛くないが、ボールを持って投げると痛い。そのような症状を感じている方いませんか?

 

それは「野球肩」の可能性が高いです。

 

肩の関節というのはローテーターカフという回旋筋腱板を使って動いています。

肩関節は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋という4つのインナーマッスルによって固定されています。この筋肉の酷使によって筋肉が硬くなり肩の前方や後方に負担がかかり、痛みが出るのです。

 

 

野球肩の治療では、投げるどの瞬間に痛いのかで、治療する筋肉が変わってきます。

たとえば上図のコッキング期で痛む場合は腕を後に引く際に、前の肩甲下筋が引っ張られることで、負荷がかかり肩の前方に痛みを出してしまいます。

肩甲下筋の治療をするには特殊な技術が必要になりますのでなかなか治療をされることのない筋肉です。

上図の加速期、リリース期で痛む場合は、ボールを離す際に、後の棘下筋、小円筋に負担がかかり、肩の後方に痛みを出してしまいます。

これはバレーボールのスパイク動作でも似た症状が出ます。

 

「野球肩」は、肩関節の特性や構造を理解し、その筋肉に直接アプローチし適切な治療を行うことが重要になってきます。

なかの杜接骨院では、運動機能を確認し、どの動作で痛みが出るかなどをしっかりとチェックしてから治療を行います。

このような痛みでお悩みの方はなかの杜接骨院までご相談ください。