オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 足底の痛み

足底腱膜炎

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は『足底腱膜炎』についてお話します。

 
足底筋膜炎とは足底【足の裏】の筋肉を使いすぎることで足裏に痛みがでる症状のことです。

 

長時間歩かれる方や長時間立ち続ける方に症状が現れやすいです。

症状としては踵の内側の痛みや土踏まずのところに、歩く時の踵が付く時や朝一番での歩き始めの時に痛みが出ます。

 

この足底筋膜炎で原因になりやすい筋肉は短母指屈筋と言われる筋肉です。

短母指屈筋とは、踵から足の親指の付け根まで付いていて親指を曲げる時に働きます。

歩く時や立つ時は身体を安定させようと親指のところに地面を掴むために無意識に力が入ってしまい、使い続けてしまっている状態です。

この短母指屈筋を使い続けることで筋肉の血液の流れが悪くなった結果、筋肉が硬くなり付着部である踵に牽引力がかかってしまい痛みを引き起こしてしまいます。

 

この足底筋膜炎の治療で大切なポイントは、この短母指屈筋の柔軟性を高める治療をしていくことです!

具体的には短母指屈筋の血液の流れを改善させ筋肉の柔軟性を高め、筋の付着部である踵に負担がかからないようにしていきます。

また痛みが出ている部分には超音波治療やハイボルト治療などで局所の痛みを緩和させていきます。

足底筋膜炎でお困りの方は、なかの杜接骨院にご相談を(^^)