オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 猫背

ふくらはぎのむくみ・だるさ

1431334612_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は、ふくらはぎのだるさの原因、解消法をご紹介します。

 

これからの時期に男女問わず、サンダルを履くことが多くなりますね。また、冷房により足が冷やされむくみやすくもなってきます。

サンダルやパンプスを履いたり、長時間歩いた日に起こる、ふくらはぎむくみやだるさの原因はいくつかあります。

 

ふくらはぎのむくみやだるさの原因

1.姿勢が悪い

2.水分不足

3.日頃の運動不足

 

この3つは全て『血行不良』が原因です。

ふくらはぎの血流が悪いと、血管内の圧力が上がってきてしまいます。

そのため体がなんとか圧力を下げようとした苦肉の策が、血の中の血漿成分を血管の外ヘ染み出させことなんです

 

その状態が続くと染み出た血漿成分は再吸収されず、結果的にふくらはぎがパンパンにむくんでしまうんです。

 

そんなふくらはぎのむくみやだるさの解消法はこちら。

 

1.湯舟に浸かる

…湯舟に浸かると水圧を受けます。

この圧力はウエストが3~6cmも細くなるほど!この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。

 

2.喉が渇く前の水分補給

…軽い脱水症状になってしまうと、人はのどの渇きを感じにくくなります。

のどが渇く前にこまめに水分補給をすることが大切です。

睡眠中にも私たちの体は汗をかくことによって水分を消費しています。

起床時には水分補給を忘れずに行いましょう。水分をこまめに摂取することで体内を

めぐる血液量が安定し、健康維持も期待できます。

 

3.ストレッチ

ふくらはぎのストレッチはもちろん、全身のストレッチが効果的です。

お仕事の合間に伸びをするだけでも良いです。

 

毎日無理なく血流をよくすることを心掛けてみてください!

 

また、なかなか良くならないむくみは、筋肉や関節を痛めていたり、内臓の病気の場合もありますので、もし気になる方は一度なかの杜接骨院までご相談ください。

子供の姿勢矯正

shisei_isu_boy_bad_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

先日、小学生のお子さんを持つ患者様から

「息子の姿勢が悪いんだけど矯正したほうがいいんですか?」という質問を受けました。

 

子供だから放置していても、成長していく過程で勝手に良くなっていくんじゃないの?

と疑問に思う方もいると思います。

 

確かに成長期の年齢ですと、正しい姿勢を維持させるのに必要な筋肉の未発達で、正しい姿勢をキープし続けるのが難しいお子様が多いです。

 

部活動や日常生活の中で筋力が発達して良くなる場合もありますが、それまでの間不良姿勢を放置していると様々なデメリットがあります。

 

 

①スポーツ中の運動パフォーマンスの低下

姿勢が悪い状態というのは、本来人間が持つ関節の可動範囲を狭めてしまいます。

例えば、野球の投球時、水泳での泳ぐ動作、バレーのスパイク、

また走るスポーツにおいては十分に腕を振ることができずタイムが低下してしまいます。

 

 

②集中力の低下

猫背のように頭が体の前に出ている姿勢というのは、首から頭部にかけての血行不良を引き起こします。

脳に十分に酸素が行き渡らなければ、集中力の低下や記憶力の低下を引き起こしますので、学業面での影響を及ぼす可能性があります。

 

 

③将来的慢性的な腰痛や肩こりになるリスク増大

子供に限らずですが、不良姿勢が続くと首や肩、腰に負担が大きくかかります。

直近では子供でも肩こりや腰痛に悩ませれて受診される方もいます。

 

 

なかの杜接骨院では、猫背矯正姿勢矯正、を行っております。

もしお子さんの姿勢に気になるようなことがあれば、ぜひ一度なかの杜接骨院までご相談ください!!

 

起床時の腰の痛みの原因!?

20121008_59783_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

日中は大丈夫なのに朝起きた時、腰が痛い…

起きた時が一番腰が痛くて、次第にマシになってくる…

そんな経験はありませんか?

今回はその起床時、朝一番の腰の痛みについてお話しします。

 
腰痛の原因は腰にある筋肉が原因の場合がほとんどです。

腰にある筋肉は動かす時ももちろんですが、立ったり座ったり、姿勢を維持するのに重要な役割を担っています。

 

姿勢を維持している間は、その姿勢を維持するための筋肉が常に使いっぱなしの状態になっています。

 

その使いっぱなしの筋肉は血流が悪くなり、次第に硬くなって痛みを引き起こしてしまいます。

 

では寝ているときに腰の筋肉は休まっているはずなのになぜ痛みが出てしまうのでしょうか。

それは、筋肉には20~30分同じ姿勢が続くと固まってしまうという性質があるからです。

 

寝ている時は動かすといっても、寝返り程度なので起きている時に比べると著しく体を動かす量が減ってしまいます。

 

その状態のまま数時間寝ているので、朝起きた時には筋肉が固まってしまい、その固まった状態の筋肉を使って動こうとするので、起床時に痛みが出るのです。

 

起きてからしばらくすると痛みが落ち着いてくる方もいますが、どうしても痛みが抜けず、1日中腰に痛みや違和感が残るという方も多くいると思います。

その場合、だいたいは腰やその周りの組織に何らかの問題があることが多く、放っておくと重症化する場合もあるので早めの診察をお勧めします。

 

なかの杜接骨院では、腰痛に対する治療はもちろん、腰痛予防のためのストレッチ、姿勢矯正なども行っております。

慢性的な腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください!!

トリガーポイントって??

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

本日は『トリガーポイント』についてお話します。

 

皆さんはトリガーポイントという言葉はご存知でしょうか?

トリガー(引き金)ポイント(痛みの場所)

つまり痛みを引き起こす筋肉の硬さのことです。

もちろん痛みは全て筋肉によるものではありません。

 

 

例えば

①外傷(骨折、靱帯損傷の明らかなもの)

②内臓疾患(虚血性心疾患、消化器潰瘍、胆のう疾患)

③感染症

④悪性腫瘍など

 

 

これらのように炎症による痛みも考えられます。

上記の場合は病院で検査をすると見つかります。

 

 

しかし腰が痛くなったり首が痛い場合に病院で検査をしても

「骨に異常がありません。安静にして下さい」

と言われることもしばしばあります。

痛みがあって困り果てて足を運んだのに何もしてもらえなかった。

 

このような場合唯一診ていない所があります。

 

それが筋肉です。

 

病院には筋肉科がありませんので、筋肉のスペシャリストはほとんどいないと思っています。

つまりそこに痛みの原因がある場合は「原因不明」になってしまうのです!

 

 

トリガーポイントがどのようにできるのか?

 

筋肉は縮むことが仕事です。

 

この縮む事には大きく分けて3種類あります。

 

たとえば、上腕二頭筋(二の腕の筋肉)の場合

 

・肘を曲げて重いものを持ち上げる動作(求心性収縮)

・重いものを下に降ろす動作(遠心性収縮)

・重いものを持ち続ける動作(求心性収縮)

 

いずれかの動作を繰り返すことで筋肉の中にしこりができてしまいます。

このしこりにさらに負担がかかると筋肉は血流が悪くなり内部で酸欠という状態になります。

 

この酸欠状態が大問題なのです。

 

筋肉も細胞なので酸素がないと機能しづらくなっていきます。

そうすると筋肉の内部に痛みの物質が蓄積してそれが脳に信号を送り

痛みが発生していきます。

 

トリガーポイントの治療効果

 

トリガーポイント治療は痛みがある場所だけではなく痛みの原因になっている筋肉にも治療を行っていく必要があります。

 

たとえば腰痛があるとします。

腰の背骨に近いところに痛みがあっても、お腹側の筋肉が硬くなり血流が悪くなっていると腰に痛みを引き起こします。これを関連痛と言います。

この関連痛を引き起こしている原因(真の治療ポイント)を治療する必要があります。

痛みの本当の原因にマッサージや電気を使った治療を行う事で確実に効果を出すことができます。

 

血液の循環を改善して酸欠状態を解消することが目的です。

よく分からないけど行ったら楽になるという治療ではなく、なぜ痛くなっているのか?

なぜ治るのか?ここを理解して頂くことも治療の効果に影響が出ます。

 

なかの杜接骨院では、このトリガーポイントを探り、根本からアプローチをかけ治療を行っています。

長く続く痛みでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

なぜスポーツ障害が改善しない・悪化する理由

lgi01a201308132000_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日はスポーツ障害についてお話します。

スポーツ障害には、シンスプリント・ランナー膝・野球肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝などさまざまな種類がありますが、ほとんどの場合は、運動のし過ぎによる過度の負担(オーバーユース)が原因で発症します。

 

 

 

スポーツ障害が改善しない・悪化する理由

怪我やスポーツ障害の際には、一般的に痛みどめや湿布、テーピング固定などを行うことが多いと思います。

 

しかし、怪我をしてしまった原因や、怪我をしない体の使い方を覚えていかないと、何度も同じ場所を痛めてしまうことにもなります。

 

捻挫が癖づいてしまっている」「肘に不安を抱えながら投げている」「膝の痛みと付き合いながら練習している」といった悩みも多く伺います。

 

捻挫・肉離れ・打撲・シンスプリント・ランナー膝・野球肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝など、怪我や障害の種類によって最適な対処方法は変わります。

 

また、一時的に対処するだけではなく、体の使い方(例えば投球フォームや、トレーニングフォーム、練習方法、姿勢)などを変えていく事の方が重要です。

 

スポーツを長く楽しむためにも、怪我をした場所の痛みを緩和するだけではなく、怪我しずらい体にするにはどうしたらよいか?を考えた上での対応が大切です。

 

 

なかの杜接骨院では、スポーツ障害に限らず、痛みが出た原因を探り、どのような姿勢でどのような身体の使い方をして痛みが出たのかなど、その人に合った根本的な治療を心がけております。

 

もし、なかなか症状が改善せずお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください!!

ジャンパー膝

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

今日は「ジャンパー膝」についてお話します。

以前にもブログで書かせて頂きましたが、よくみられる疾患なので復習を兼ねて書かせて頂きます。

 

ジャンパー膝とは?

繰り返しジャンプ動作が要求される、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、陸上競技(ジャンプ選手)などの種目で、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の収縮筋力が膝蓋骨(しつがいこつ)と膝蓋腱(しつがいけん)(膝蓋靭帯(じんたい))の接合部に繰り返しかかることで、腱の微小断裂や変性が生じる障害のことです。

簡単に言いますと、ダッシュやジャンプといった運動時に、「膝のお皿のすぐ下」に痛みが出る障害です。

 

好発年齢は12歳~20歳までに多く、特に10代の男性に多くみられる疾患です。

 

よく「オスグッド」(詳しくは以前のブログ参照)と間違えられやすいですが、痛みが出る場所が微妙に違ってくるのですぐに鑑別できます。

 

ジャンパー膝を改善するために

ジャンパー膝は、正しい原因を理解し、その原因に対して適切な治療をして、再発しないような体作りをすれば、早期に改善します。

 

①太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)を緩める

ジャンパー膝の痛みを起こしている膝蓋靭帯を引っ張っている筋肉を柔軟にしていきます。緊張している(硬くなっている)筋肉は強い刺激を与えるとさらに緊張が強くなってしまうので、痛くない(緊張が起きない)範囲で働きかけをして、柔軟にしていきます。

 

②太ももの裏(ハムストリングス)、背中、ふくらはぎ(下腿三頭筋)、足首など体全体の連動性を向上させる。

ジャンパー膝は、太ももの前の筋肉の硬さだけでなく、膝を使う動きに関係する筋肉も治療する必要があります。太ももの裏、背中、ふくらはぎ、足首などその方の状態を見て必要な箇所に働きかけをしていきます。

 

③膝のお皿の裏の圧痛を解消する

膝のお皿をずらして、その裏にある圧痛点(押して痛むところ)をミリ単位の精度で探っていきます。微妙に指をずらしたり、角度を変えたりしながらアプローチするとともに、そこに負担をかけている全ての筋肉も緩めていきます。治ったと思って再発してしまうのは、このような治療がおろそかになっている可能性があります。

 

 

なかの杜接骨院では、ジャンパー膝の治療、痛みが軽減されてきたらご自身でできるセルフケアもお伝えします。セルフケアを行いながら施術を受けることで早期回復にも繋がります。

もしこのような症状でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

猫背チェック

猫背チェック

 

□ 猫背と言われたことがある

□ 慢性的な肩こり腰痛がある

□ 片頭痛後頭部に頭痛がある

□ 1日座ってることや同じ姿勢を続けている時間が長い

□ デスクワークが多い

□ 長時間スマホを見てる

□ 気が付くと姿勢が悪くなっている

□ 上向きで寝た状態で腰と床の間に隙間ができる

□ 睡眠をとっても疲れが抜けにくい

□ 自律神経が乱れてると感じる・言われたことがある

□ 生理痛がひどい・周期が乱れる時がある

□ ふくらはぎが疲れやすい

□ 靴の外側が減りやすい

□ 顎がカクカクなることがある

 

 

 

これらは猫背によく見られる症状です。

当てはまるものが3つ以上の方は猫背を矯正していくことをお勧めします!

特に慢性的な肩こり、腰痛などは不良姿勢が原因で発症することがほとんどと言われております。

 

 

 

猫背でお困りの方は、猫背マイスターの資格を有する

なかの杜接骨院までご相談ください(^^)

IMG_5767.jpg

顎関節症 あごだけじゃない!?原因は全身に!

965c12dde9c6d5ca21ab869b5a2cd33e_R

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

今日は顎関節症についてご紹介します。

顎関節症とは、あごの関節周辺の異常で「あごがカクカク鳴る」「口を開けづらい」などが主な症状の疾患で、20代、30代の女性に多い症状です。

 

女性に多い理由は、がっしりしたあごの男性に比べ、女性はあごの形が細く、筋力が弱いため、ズレやすく、引っ掛かりやすいからです。

また、以下のような理由が考えられます。

 

 

・女性の方が筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高く、痛みに敏感で健康に対する関心が高い。

男性よりも骨格や靱帯が弱い

女性ホルモンが影響している

 

近年発症する人が増加していることを考えると、最近の若年層に顕著な食習慣、生活習慣などにも関連があると考えられています。

 

症状は以下のようなものが挙げられます。

・頭痛,首や肩の痛みとこり

・耳の症状(耳の痛み,耳鳴り,耳が詰まった感じ,難聴,めまい)

・舌の痛み、味覚の異常

・目の疲れ、口の乾燥感

・あごやその周辺に異常を感じる

・食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる

・食事をしているとあごがだるい

・口を動かすと顎関節に痛みがある

・噛みしめると顎関節が痛い

 

なりやすい人の特徴としては

寝ている時歯ぎしりをしている

枕の高さがあっていない

頬杖をつく癖がある

ストレス(緊張状態で歯を食いしばっ てしまう)

猫背、不良姿勢

などがあります。

 

自分でできるセルフケア法はこちら!!

普段の姿勢をよくし、全身のこりを取ることで食いしばりや歯ぎしりを改善することもできるので、日中は30分に1回は伸びをし、腕を振って歩きましょう。

直接あご周りのストレッチをするには、平均最大開口量。

人差し指から薬指まで3本を縦にして口に入れて、筋肉のつっぱり感を感じながら5秒間そのままの状態にするのがおすすめです。

ガムを噛んで上の歯と下の歯を離すこともよいでしょう。

湯船に浸かる、アロマを焚く、クラシックを聴くなどをしてリラックスし食いしばりを予防しましょう。

 

顎関節症は、放置していても1/3のもの自然によくなることがあります。

ご自身の原因だと心当たりあるものを改善し、セルフケア法を1か月実践してみてください。
それでもよくならない場合は、なかの杜接骨院にご相談ください。

施術はもちろん、再発予防の方法をお教えします!

本当は怖い足首の捻挫

20130312172230_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は足首の捻挫についてお話します。

 

日常生活でもスポーツの場面でも意外と足をひねることって多いですよね?!

 

でも、ひねった瞬間だけ痛い人や、ひねったけど痛くない人

 

ひねった瞬間から激痛でその後も歩けなくなる人、などたくさんいると思います。

 

そんな方たちに、気を付けてほしいことがあります。

 

ひねった ⇨ 痛くない ⇨ 治った♪

 

ではないのです!!

 

実際は

ひねった ⇨ 痛くないように歩こう(無意識) ⇨ 痛くない ⇨ 治った(ように感じる)

なのです!

 

治ったようで治ってない可能性が高いです。

むしろ、足首に痛みが出ないように歩いているその歩き方に問題があります。

足首に負担をかけないように歩くことで、本来足首が負うべき負担を他の箇所が負担してくれているのです。

 

 

例えば、

ふくらはぎ外側 ⇒  ⇒ 股関節 ⇒ お尻 ⇒ 

 

という風に足首を痛めたその負担がだんだんと上に登っていくように連鎖していきます。

 

 

日常生活で腰に痛みがあったり、腰のハリ感がなかなか抜けない、長時間歩くと腰が痛くなる

なんていう症状がある方、足首の捻挫が原因かもしれません。。

 

少し前に足首を捻っていませんか?

怪我したまま放置して足首に違和感を感じていませんか?

 

 

少しでも気になるようでしたらすぐにでもなかの杜接骨院にご相談ください!!

接骨院ってどんなところ?

boy_question_R

 

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

良くこんな質問を受けます。

 

「接骨院ってどんな時に行けばいいの?」

 

これって接骨院に通ったことがない方はけっこう思ってることだと思います。

 

接骨院に通っている方でも

「接骨院ってそんな症状も診てくれるんだ」

って言われることもあります。。。

 

 

基本的に接骨院で診れるのは

 

骨折脱臼捻挫打撲挫傷(肉離れ)

 

です。

 

スポーツでの怪我はもちろん、日常生活で出た痛みも診ることができます。

 

上記に記述したものは保険を使って治療できる症状です。

また、最近では院によって保険以外の治療を行っているところも多いので、もし興味があればお近くの院、かかりつけの接骨院に確認してみるのもいいと思います。

 

整形外科などと区別するのが難しいと言われる方も多いですが、

 

“整形外科は検査や診断をするところ”

 

接骨院は治療をするところ

 

と思って頂ければ良いかと思います。

 

なかの杜接骨院では、身体の痛みの治療の他に、姿勢の矯正自律神経の調整筋膜リリースなども行っていますので、もし身体のことでお悩みの方は、まずはご相談を!

相談のみは無料です(*^^)v