オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 応急処置

突き指?骨折?

4700000278_354e43ecfd_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

サッカーW杯   日本 対 ベルギー

 

皆さんはご覧になりましたか?

 

私荒川は、おかげで寝不足でございます。

なんとも惜しい試合でしたね。とても悔しい結果でしたが、選手の皆さんには胸を張って帰国してもらいたいものですね。

改めてベスト16おめでとうございます!!

 

さて、先日友達と一緒にバスケをしていた時のこと。

プレー中に友達が指にボールをぶつけて負傷。

バスケに限らず、スポーツや日常的によくある『突き指』

友達は「全然大丈夫!」といっていましたが、時間がたつにつれて指がパンパンに。

嫌な予感が、、

 

練習後、接骨院に帰ってきてエコー検査をしたところ、やっぱり!!

見事に骨折してました(:_;)

 

夜も遅かったのでその日はとりあえず固定して終了。

 

たかが「突き指」と思っていても『骨折』してることは本当によくあります。

 

もし、怪しいなと感じたらすぐに医療機関を受診しましょう!

 

なかの杜接骨院では、エコー検査での骨折の有無をチェックし、骨折治療器にて治療を行っております。

僅かな痛みでも不安に感じたらいつでもご相談ください。

 

RICE(ライス)処置

20120710222602_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

スポーツや日常生活で怪我をしたとき、医療機関を受診するまでの間、出来るだけ悪化させない為に「応急処置」を行う必要があります。

 

もし応急処置をしなかったり、適切ではないと、症状が悪化したり治るまでに長い時間がかかったり、場合によっては取り返しのつかないことになってしまう場合もあります。

いざという時のために、正しい応急処置の知識を身に付けましょう!

 

《RICE(ライス)処置》

急性期の怪我の場合『RICE処置』が基本となります。

特に足首などの捻挫の場合、時間がたつにつれてどんどん腫れあがってくることが多いので、『RICE処置』を行うことで怪我の進行や治癒までの期間が全く変わってきます。

 

①Rest(安静)

受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。しかし、患部を安静にさせずに運動を続けることで、修復作業を妨げてしまいます。受傷後は安静にすることが大切です。

 

②Icing(冷却)

冷やすことで痛みを軽減、また血管が収縮されることで腫れや炎症をコントロールすることができます。

 

③Compression(圧迫)

適度な圧迫を患部に与えることで、腫れや炎症を抑えることができます。

 

④Elevation(挙上)

心臓より高い位置に挙上することで重力を利用し、患部に血液が集まらないようにすることで、腫れや炎症を抑えることができます。

 

 

この4つの処置の頭文字をとって『RICE(ライス)』と呼びます。

緊急時の適切な応急処置を知り、怪我の悪化防止や早期回復に役立てましょう!!

 

応急処置を行った後は、近くの接骨院などの医療機関ですぐに診てもらうことをお勧めします!