オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 使い過ぎ

筋肉痛

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

最近当院には、バスケやバレー、スポーツジムで筋トレをしたり、ゴルフや登山へ行き体を動かしたりと、運動が好きな女性の患者様が多く通院されるように感じます。

 

yamanobori_woman_R
登山帰りに当院へいらっしゃった際に、「筋肉痛です、先生!」という報告を一番最初にいただきました。

先日私も久しぶりにバスケットボールをした時に、全身筋肉痛になったのを思い出し、

良い運動をされてきたのだなと感心していると、

「これってどうしたら早く治りますか?」というご質問もいただきました。

 
そもそも、「筋肉痛」とは?
スポーツなどの激しい動きや普段使わない体の筋肉を使った後に感じられる、筋肉の痛みのことをいいますが、まだ医学的にも明確な理由が判明されていないといわれている症状でもあります。
現在わかっていることとしては、運動をしたことで傷がついた筋肉の組織を治そうと修復する過程で「炎症」が起き、それが痛みとして感じられるといわれています。

 
なぜ時間が経ってから感じられるのか? 

そもそも傷がついてしまう筋肉の組織自体には、痛みを感じる神経はないといわれています。

ですので、傷を治していく過程で炎症が広がり、その際に痛みを感じさせるような

「発痛物質」が筋肉の組織を包む「筋膜」へ届いたときに、やっと「痛み」として感じます。

その時差が、運動直後よりも時間が少し経ってから痛みを感じるようになっているのではないかと考えられているそうです。
早く筋肉痛を治す方法は? 

運動直後にアイシング をする

炎症をおさえてくれるので、激しい痛みを抑えることができます。

 

ぬるめのお湯にゆっくりつかる

血液の流れを良くしてくれ、筋肉の修復に必要な酸素や栄養素を届けやすくしてくれます。

 

ストレッチで体をほぐす

ゆっくり深呼吸をしながら筋肉の緊張をとることで、副交感神経の働きも整うため早く治そうという体の働きが起きるようになります。

 

thKYJLUXKR_R

 

 

運動後のケアも大切ですが、運動前のウォーミングアップを怠ってしまうことでも筋肉痛へつながりやすくなっていますので、運動前後のケアが重要です!(^^)!

 

なかの杜接骨院では、ストレッチなどの詳しいやり方についても分かりやすくご紹介いたします!

 

これから運動を始めたいと思っている方でも、お気軽にご相談ください(^^)

アキレス腱の痛み

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日はアキレス腱の痛みについて少しお話します。

 

皆さんは次のような症状出ていませんか?

 

・朝起きた時にアキレス腱や踵が痛い

・運動するとアキレス腱が痛い

・つま先を上げるとアキレス腱がや踵が痛い

・歩くときにアキレス腱が突っ張る

 

この様な症状が出ていればアキレス腱炎かもしれません!

 

case_sports05_img002

 

 

アキレス腱炎ってどんな症状?

 

アキレス腱炎とはオーバーユース(使いすぎ)による症状でスポーツ障害としては頻度が高い症状の1つです。

踵や踵から2〜6センチ上方に痛みがあり、朝起きた時や運動すると痛みがあり、症状が進行していくと安静にしていても痛みがあります。

 

 

 

アキレス腱炎の原因とは?

 

20160409204106

 

まずはじめに…

アキレス腱とは腓腹筋という筋肉の腱がアキレス腱という腱になり踵についています。腓腹筋は足関節を動かすのにとても重要な筋肉で、歩く時はもちろん、ジャンプしたり走ったりする時にも使う筋肉です。

 

 

ジャンプをしたりダッシュをしたりする事で、踵につくアキレス腱に負担がかかり使いすぎるとアキレス腱に炎症が起こったり、微細な断裂が起きアキレス腱や踵が痛くなるのです。

 

そしてジャンプやダッシュは腓腹筋にも負担がかかり、使いすぎると筋肉が硬くなり筋肉の柔軟性まで低下し、腓腹筋についているアキレス腱への血流が悪くなり疲労が溜まってしまい、炎症や断裂が起こります。

 

アキレス腱や踵の痛みでお悩みの方は、なかの杜接骨院までご相談ください(^^)

TFCC損傷(三角繊維軟骨複合体損傷)

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は『TFCC損傷』についてお話致します。

手首の関節(手関節)のねんざには色々なパターンがあります。

手関節をひねったり、転んで手をついた時に外傷として起こるねんざ自体は筋肉や靭帯に起こる単純なものですが、手関節は少々複雑な構造をしているため、問診・触診・X線写真でどの骨・靭帯・腱・腱鞘・筋肉・神経に問題があるのか判断します。

TFCC損傷はそんな手首のねんざの一つとされています。

 

TFCC損傷とは?

 

三角繊維軟骨複合体

あまり聞き慣れない病名ですね。

Triangular「三角の」、Fibro「繊維」、Cartilage「軟骨」、Complex「複合体」という意味で、『TFCC』、日本語での名称は「三角繊維軟骨複合体」となります。

ここのねんざの特にひどいものを一般の患者さんには通常、TFCC損傷と伝えます。痛みなどが軽ければ手首のねんざですと言われるだけでしょう。

TFCCは手首の小指側にあり、小指側の手根骨と尺骨の間にある軟骨や靭帯をひとまとめにしたもの(複合体)です。

 

TFCC損傷の原因

 

いろいろなパターンがあります。転んで手をついた時、ちょうど手首の小指側のTFCCを伸ばしてしまった外傷性のもの。

テニスのフォアハンドでボールを打つ時、手首にねじれと圧縮力が加わって受傷するもの。

バレーボールやバスケットボールの選手で、ボールを投げたりはじき返す動作の時に痛めてしまった患者さんもいます。

手首の使い過ぎによるもの。特に産後の女性で関節がゆるくなっている時期に、抱っこなど育児や家事で手首を繰り返し曲げ伸ばししすぎて手首を痛めていることが多いです。

 

 

転倒時に手をついたり、手首の使いすぎで痛くなった場合、TFCC自体の損傷があまり無くても前腕の筋肉が緊張して固くなっています。

前腕の筋肉の繊維の一部がこり固まって出来た「トリガーポイント」が手首の小指側に痛みを飛ばしているケースが結構あり、これがなかなか良くならないTFCC損傷の正体です。

 

 

なかの杜接骨院では、TFCCの炎症を抑え、どの筋肉が「トリガー(引き金)」になっているかを見極め治療しております。

長く続く手首の痛みや違和感でお悩みの方は、ぜひなかの杜接骨院までご相談ください。