オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: スポーツ障害

怪我の一番の予防

203_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

皆さんは、運動やスポーツ前や終わった後のウォーミングアップやクールダウンをきちんと行っていますか?

怪我の予防のために一番重要なことです。

 
そもそも、ウォーミングアップ・クールダウンにはどの様な役割があるのか?

ウォーミングアップとは、「warm」「up」 という言葉からなっています。
warm・・・暖める

up・・・上げる
身体を暖める、体温を上げるという意味があります。

・スポーツする前に、軽い準備運動。
・物事を本格的に始める前にする軽いならし。

目的

→体温、筋温の上昇

→神経の促通

→柔軟性の向上

ウォーミングアップは心拍数の上昇、筋肉の温度をあげて神経系の回路伝達を良くする目的を持っています。

筋肉が温まることによって血液の流れも良くなり柔軟性が出てきます。

よって、運動のパフォーマンスが向上する効果が期待できるのです。

 

クールダウンはその言葉の通り「cool」「down」という言葉からなっています。

cool・・・冷ます

down・・・下げる

体の体温を運動前に戻すという意味があります。
目的

→運動前の体温に戻す

→疲労を溜めない

 

クールダウンの効果は主に2つあります。

1つ目は「疲労の軽減」です。

ほとんどのスポーツは全身に疲労がたまるわけではありません。

足や腕など部分的に使った場所に疲労がたまりやすくなります。

運動で使った部分には疲労を感じる原因となる「乳酸」がたくさん蓄積してしまうものです。

乳酸がたまればたまるほど疲労を感じて筋肉痛になってしまいます。

しかし、きちんとクールダウンをしておけば乳酸がたまりにくくなるので疲労も感じなくなるのです。

 

 

2つ目は「故障の予防効果」が期待できます。

疲労物質をすぐに取りのぞくことで次にスポーツをしたとき、故障する可能性を軽減してくれるのです。
それぞれを、運動前後で行うことで怪我をする事は大幅に減少します。

楽しく運動していくために行っていきましょう。
普段からの心がけひとつで体の調子が良い状態で運動や日常生活を送ることができます!

子供の姿勢矯正

shisei_isu_boy_bad_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

先日、小学生のお子さんを持つ患者様から

「息子の姿勢が悪いんだけど矯正したほうがいいんですか?」という質問を受けました。

 

子供だから放置していても、成長していく過程で勝手に良くなっていくんじゃないの?

と疑問に思う方もいると思います。

 

確かに成長期の年齢ですと、正しい姿勢を維持させるのに必要な筋肉の未発達で、正しい姿勢をキープし続けるのが難しいお子様が多いです。

 

部活動や日常生活の中で筋力が発達して良くなる場合もありますが、それまでの間不良姿勢を放置していると様々なデメリットがあります。

 

 

①スポーツ中の運動パフォーマンスの低下

姿勢が悪い状態というのは、本来人間が持つ関節の可動範囲を狭めてしまいます。

例えば、野球の投球時、水泳での泳ぐ動作、バレーのスパイク、

また走るスポーツにおいては十分に腕を振ることができずタイムが低下してしまいます。

 

 

②集中力の低下

猫背のように頭が体の前に出ている姿勢というのは、首から頭部にかけての血行不良を引き起こします。

脳に十分に酸素が行き渡らなければ、集中力の低下や記憶力の低下を引き起こしますので、学業面での影響を及ぼす可能性があります。

 

 

③将来的慢性的な腰痛や肩こりになるリスク増大

子供に限らずですが、不良姿勢が続くと首や肩、腰に負担が大きくかかります。

直近では子供でも肩こりや腰痛に悩ませれて受診される方もいます。

 

 

なかの杜接骨院では、猫背矯正姿勢矯正、を行っております。

もしお子さんの姿勢に気になるようなことがあれば、ぜひ一度なかの杜接骨院までご相談ください!!

 

筋肉痛

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

最近当院には、バスケやバレー、スポーツジムで筋トレをしたり、ゴルフや登山へ行き体を動かしたりと、運動が好きな女性の患者様が多く通院されるように感じます。

 

yamanobori_woman_R
登山帰りに当院へいらっしゃった際に、「筋肉痛です、先生!」という報告を一番最初にいただきました。

先日私も久しぶりにバスケットボールをした時に、全身筋肉痛になったのを思い出し、

良い運動をされてきたのだなと感心していると、

「これってどうしたら早く治りますか?」というご質問もいただきました。

 
そもそも、「筋肉痛」とは?
スポーツなどの激しい動きや普段使わない体の筋肉を使った後に感じられる、筋肉の痛みのことをいいますが、まだ医学的にも明確な理由が判明されていないといわれている症状でもあります。
現在わかっていることとしては、運動をしたことで傷がついた筋肉の組織を治そうと修復する過程で「炎症」が起き、それが痛みとして感じられるといわれています。

 
なぜ時間が経ってから感じられるのか? 

そもそも傷がついてしまう筋肉の組織自体には、痛みを感じる神経はないといわれています。

ですので、傷を治していく過程で炎症が広がり、その際に痛みを感じさせるような

「発痛物質」が筋肉の組織を包む「筋膜」へ届いたときに、やっと「痛み」として感じます。

その時差が、運動直後よりも時間が少し経ってから痛みを感じるようになっているのではないかと考えられているそうです。
早く筋肉痛を治す方法は? 

運動直後にアイシング をする

炎症をおさえてくれるので、激しい痛みを抑えることができます。

 

ぬるめのお湯にゆっくりつかる

血液の流れを良くしてくれ、筋肉の修復に必要な酸素や栄養素を届けやすくしてくれます。

 

ストレッチで体をほぐす

ゆっくり深呼吸をしながら筋肉の緊張をとることで、副交感神経の働きも整うため早く治そうという体の働きが起きるようになります。

 

thKYJLUXKR_R

 

 

運動後のケアも大切ですが、運動前のウォーミングアップを怠ってしまうことでも筋肉痛へつながりやすくなっていますので、運動前後のケアが重要です!(^^)!

 

なかの杜接骨院では、ストレッチなどの詳しいやり方についても分かりやすくご紹介いたします!

 

これから運動を始めたいと思っている方でも、お気軽にご相談ください(^^)

トリガーポイントって??

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

本日は『トリガーポイント』についてお話します。

 

皆さんはトリガーポイントという言葉はご存知でしょうか?

トリガー(引き金)ポイント(痛みの場所)

つまり痛みを引き起こす筋肉の硬さのことです。

もちろん痛みは全て筋肉によるものではありません。

 

 

例えば

①外傷(骨折、靱帯損傷の明らかなもの)

②内臓疾患(虚血性心疾患、消化器潰瘍、胆のう疾患)

③感染症

④悪性腫瘍など

 

 

これらのように炎症による痛みも考えられます。

上記の場合は病院で検査をすると見つかります。

 

 

しかし腰が痛くなったり首が痛い場合に病院で検査をしても

「骨に異常がありません。安静にして下さい」

と言われることもしばしばあります。

痛みがあって困り果てて足を運んだのに何もしてもらえなかった。

 

このような場合唯一診ていない所があります。

 

それが筋肉です。

 

病院には筋肉科がありませんので、筋肉のスペシャリストはほとんどいないと思っています。

つまりそこに痛みの原因がある場合は「原因不明」になってしまうのです!

 

 

トリガーポイントがどのようにできるのか?

 

筋肉は縮むことが仕事です。

 

この縮む事には大きく分けて3種類あります。

 

たとえば、上腕二頭筋(二の腕の筋肉)の場合

 

・肘を曲げて重いものを持ち上げる動作(求心性収縮)

・重いものを下に降ろす動作(遠心性収縮)

・重いものを持ち続ける動作(求心性収縮)

 

いずれかの動作を繰り返すことで筋肉の中にしこりができてしまいます。

このしこりにさらに負担がかかると筋肉は血流が悪くなり内部で酸欠という状態になります。

 

この酸欠状態が大問題なのです。

 

筋肉も細胞なので酸素がないと機能しづらくなっていきます。

そうすると筋肉の内部に痛みの物質が蓄積してそれが脳に信号を送り

痛みが発生していきます。

 

トリガーポイントの治療効果

 

トリガーポイント治療は痛みがある場所だけではなく痛みの原因になっている筋肉にも治療を行っていく必要があります。

 

たとえば腰痛があるとします。

腰の背骨に近いところに痛みがあっても、お腹側の筋肉が硬くなり血流が悪くなっていると腰に痛みを引き起こします。これを関連痛と言います。

この関連痛を引き起こしている原因(真の治療ポイント)を治療する必要があります。

痛みの本当の原因にマッサージや電気を使った治療を行う事で確実に効果を出すことができます。

 

血液の循環を改善して酸欠状態を解消することが目的です。

よく分からないけど行ったら楽になるという治療ではなく、なぜ痛くなっているのか?

なぜ治るのか?ここを理解して頂くことも治療の効果に影響が出ます。

 

なかの杜接骨院では、このトリガーポイントを探り、根本からアプローチをかけ治療を行っています。

長く続く痛みでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

なぜスポーツ障害が改善しない・悪化する理由

lgi01a201308132000_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日はスポーツ障害についてお話します。

スポーツ障害には、シンスプリント・ランナー膝・野球肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝などさまざまな種類がありますが、ほとんどの場合は、運動のし過ぎによる過度の負担(オーバーユース)が原因で発症します。

 

 

 

スポーツ障害が改善しない・悪化する理由

怪我やスポーツ障害の際には、一般的に痛みどめや湿布、テーピング固定などを行うことが多いと思います。

 

しかし、怪我をしてしまった原因や、怪我をしない体の使い方を覚えていかないと、何度も同じ場所を痛めてしまうことにもなります。

 

捻挫が癖づいてしまっている」「肘に不安を抱えながら投げている」「膝の痛みと付き合いながら練習している」といった悩みも多く伺います。

 

捻挫・肉離れ・打撲・シンスプリント・ランナー膝・野球肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝など、怪我や障害の種類によって最適な対処方法は変わります。

 

また、一時的に対処するだけではなく、体の使い方(例えば投球フォームや、トレーニングフォーム、練習方法、姿勢)などを変えていく事の方が重要です。

 

スポーツを長く楽しむためにも、怪我をした場所の痛みを緩和するだけではなく、怪我しずらい体にするにはどうしたらよいか?を考えた上での対応が大切です。

 

 

なかの杜接骨院では、スポーツ障害に限らず、痛みが出た原因を探り、どのような姿勢でどのような身体の使い方をして痛みが出たのかなど、その人に合った根本的な治療を心がけております。

 

もし、なかなか症状が改善せずお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください!!