オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

怪我の一番の予防

203_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

皆さんは、運動やスポーツ前や終わった後のウォーミングアップやクールダウンをきちんと行っていますか?

怪我の予防のために一番重要なことです。

 
そもそも、ウォーミングアップ・クールダウンにはどの様な役割があるのか?

ウォーミングアップとは、「warm」「up」 という言葉からなっています。
warm・・・暖める

up・・・上げる
身体を暖める、体温を上げるという意味があります。

・スポーツする前に、軽い準備運動。
・物事を本格的に始める前にする軽いならし。

目的

→体温、筋温の上昇

→神経の促通

→柔軟性の向上

ウォーミングアップは心拍数の上昇、筋肉の温度をあげて神経系の回路伝達を良くする目的を持っています。

筋肉が温まることによって血液の流れも良くなり柔軟性が出てきます。

よって、運動のパフォーマンスが向上する効果が期待できるのです。

 

クールダウンはその言葉の通り「cool」「down」という言葉からなっています。

cool・・・冷ます

down・・・下げる

体の体温を運動前に戻すという意味があります。
目的

→運動前の体温に戻す

→疲労を溜めない

 

クールダウンの効果は主に2つあります。

1つ目は「疲労の軽減」です。

ほとんどのスポーツは全身に疲労がたまるわけではありません。

足や腕など部分的に使った場所に疲労がたまりやすくなります。

運動で使った部分には疲労を感じる原因となる「乳酸」がたくさん蓄積してしまうものです。

乳酸がたまればたまるほど疲労を感じて筋肉痛になってしまいます。

しかし、きちんとクールダウンをしておけば乳酸がたまりにくくなるので疲労も感じなくなるのです。

 

 

2つ目は「故障の予防効果」が期待できます。

疲労物質をすぐに取りのぞくことで次にスポーツをしたとき、故障する可能性を軽減してくれるのです。
それぞれを、運動前後で行うことで怪我をする事は大幅に減少します。

楽しく運動していくために行っていきましょう。
普段からの心がけひとつで体の調子が良い状態で運動や日常生活を送ることができます!

子供の姿勢矯正

shisei_isu_boy_bad_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

先日、小学生のお子さんを持つ患者様から

「息子の姿勢が悪いんだけど矯正したほうがいいんですか?」という質問を受けました。

 

子供だから放置していても、成長していく過程で勝手に良くなっていくんじゃないの?

と疑問に思う方もいると思います。

 

確かに成長期の年齢ですと、正しい姿勢を維持させるのに必要な筋肉の未発達で、正しい姿勢をキープし続けるのが難しいお子様が多いです。

 

部活動や日常生活の中で筋力が発達して良くなる場合もありますが、それまでの間不良姿勢を放置していると様々なデメリットがあります。

 

 

①スポーツ中の運動パフォーマンスの低下

姿勢が悪い状態というのは、本来人間が持つ関節の可動範囲を狭めてしまいます。

例えば、野球の投球時、水泳での泳ぐ動作、バレーのスパイク、

また走るスポーツにおいては十分に腕を振ることができずタイムが低下してしまいます。

 

 

②集中力の低下

猫背のように頭が体の前に出ている姿勢というのは、首から頭部にかけての血行不良を引き起こします。

脳に十分に酸素が行き渡らなければ、集中力の低下や記憶力の低下を引き起こしますので、学業面での影響を及ぼす可能性があります。

 

 

③将来的慢性的な腰痛や肩こりになるリスク増大

子供に限らずですが、不良姿勢が続くと首や肩、腰に負担が大きくかかります。

直近では子供でも肩こりや腰痛に悩ませれて受診される方もいます。

 

 

なかの杜接骨院では、猫背矯正姿勢矯正、を行っております。

もしお子さんの姿勢に気になるようなことがあれば、ぜひ一度なかの杜接骨院までご相談ください!!

 

トリガーポイントって??

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

本日は『トリガーポイント』についてお話します。

 

皆さんはトリガーポイントという言葉はご存知でしょうか?

トリガー(引き金)ポイント(痛みの場所)

つまり痛みを引き起こす筋肉の硬さのことです。

もちろん痛みは全て筋肉によるものではありません。

 

 

例えば

①外傷(骨折、靱帯損傷の明らかなもの)

②内臓疾患(虚血性心疾患、消化器潰瘍、胆のう疾患)

③感染症

④悪性腫瘍など

 

 

これらのように炎症による痛みも考えられます。

上記の場合は病院で検査をすると見つかります。

 

 

しかし腰が痛くなったり首が痛い場合に病院で検査をしても

「骨に異常がありません。安静にして下さい」

と言われることもしばしばあります。

痛みがあって困り果てて足を運んだのに何もしてもらえなかった。

 

このような場合唯一診ていない所があります。

 

それが筋肉です。

 

病院には筋肉科がありませんので、筋肉のスペシャリストはほとんどいないと思っています。

つまりそこに痛みの原因がある場合は「原因不明」になってしまうのです!

 

 

トリガーポイントがどのようにできるのか?

 

筋肉は縮むことが仕事です。

 

この縮む事には大きく分けて3種類あります。

 

たとえば、上腕二頭筋(二の腕の筋肉)の場合

 

・肘を曲げて重いものを持ち上げる動作(求心性収縮)

・重いものを下に降ろす動作(遠心性収縮)

・重いものを持ち続ける動作(求心性収縮)

 

いずれかの動作を繰り返すことで筋肉の中にしこりができてしまいます。

このしこりにさらに負担がかかると筋肉は血流が悪くなり内部で酸欠という状態になります。

 

この酸欠状態が大問題なのです。

 

筋肉も細胞なので酸素がないと機能しづらくなっていきます。

そうすると筋肉の内部に痛みの物質が蓄積してそれが脳に信号を送り

痛みが発生していきます。

 

トリガーポイントの治療効果

 

トリガーポイント治療は痛みがある場所だけではなく痛みの原因になっている筋肉にも治療を行っていく必要があります。

 

たとえば腰痛があるとします。

腰の背骨に近いところに痛みがあっても、お腹側の筋肉が硬くなり血流が悪くなっていると腰に痛みを引き起こします。これを関連痛と言います。

この関連痛を引き起こしている原因(真の治療ポイント)を治療する必要があります。

痛みの本当の原因にマッサージや電気を使った治療を行う事で確実に効果を出すことができます。

 

血液の循環を改善して酸欠状態を解消することが目的です。

よく分からないけど行ったら楽になるという治療ではなく、なぜ痛くなっているのか?

なぜ治るのか?ここを理解して頂くことも治療の効果に影響が出ます。

 

なかの杜接骨院では、このトリガーポイントを探り、根本からアプローチをかけ治療を行っています。

長く続く痛みでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

ハムストリングスに多い肉離れ‼その原因とは⁉

nikubanare-6_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

今回は太ももの後ろ側(ハムストリングス)の肉離れについてお話します。

 

肉離れとは、名前の通り、筋肉が一部、または完全に切れてしまった状態のことを言います。

肉離れは特に足に多く発生し、太ももの後ろ側とふくらはぎに特に多発することがあります。

その中でも今回紹介するのはハムストリングスの肉離れです。

 

ハムストリングスに発生しやすい理由とは?

太ももには前面に大腿四頭筋という大きな筋肉があり、後面にはハムストリングスがあります。この2つの筋肉は拮抗筋と言われてこの拮抗筋のバランスの悪さが原因にもなることがあります。前面にある大腿四頭筋の方が非常に強い力を持っているのですが、それに比べてハムストリングスの方が筋力は構造上、劣ってしまうのです。

その結果、太ももに急激な筋肉の収縮が加わった際に、力が劣ってしまうハムストリングスに肉離れが起こりやすいというのが1つのハムストリングスに肉離れが起こりやすい理由となります。

 

また、筋肉の柔軟性が悪くなることでも肉離れは起こしやすくなります。十分なウォーミングアップやケア不足、そのような事によって筋肉の血流が悪くなり筋肉の硬さができてしまう事で肉離れの発生率は上がってしまうのです。

 

これから暑くなり冷房を使う機会も増えてくると思いますが、その冷たい風が当たる事で冷えてしまい、それがきっかけで血流が悪くなり筋肉の硬さができてしまう事も要因の一つになるので、冷やしすぎにも十分注意しなければいけません。

 

肉離れの種類

肉離れの症状は主に3段階に分けられます。

I度・・・比較的軽傷で痛みは伴いますが自力の歩行も可能な場合もあります。

II度・・・筋肉が部分的に切れている状態で内出血なども見られてきます。
こちらになると痛みを強く伴い、自力の歩行が難しくなってきます。

III度・・・こちらは最も重症で内出血が著名に出てきます。
自力の歩行はほぼ不可能となり体重をかける事も激痛を伴うようになります。

I度で軽傷だから、と油断するのもよくありません!

軽傷とはいっても、筋肉の損傷はしている状態で、そこで無理をすると重症化するケースもあります。




当院ではハムストリングスの肉離れに合わせた処置や治療もさせて頂きますので、
このような症状でお悩みの方は是非一度なかの杜接骨院にご相談下さい!

なぜスポーツ障害が改善しない・悪化する理由

lgi01a201308132000_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日はスポーツ障害についてお話します。

スポーツ障害には、シンスプリント・ランナー膝・野球肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝などさまざまな種類がありますが、ほとんどの場合は、運動のし過ぎによる過度の負担(オーバーユース)が原因で発症します。

 

 

 

スポーツ障害が改善しない・悪化する理由

怪我やスポーツ障害の際には、一般的に痛みどめや湿布、テーピング固定などを行うことが多いと思います。

 

しかし、怪我をしてしまった原因や、怪我をしない体の使い方を覚えていかないと、何度も同じ場所を痛めてしまうことにもなります。

 

捻挫が癖づいてしまっている」「肘に不安を抱えながら投げている」「膝の痛みと付き合いながら練習している」といった悩みも多く伺います。

 

捻挫・肉離れ・打撲・シンスプリント・ランナー膝・野球肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝など、怪我や障害の種類によって最適な対処方法は変わります。

 

また、一時的に対処するだけではなく、体の使い方(例えば投球フォームや、トレーニングフォーム、練習方法、姿勢)などを変えていく事の方が重要です。

 

スポーツを長く楽しむためにも、怪我をした場所の痛みを緩和するだけではなく、怪我しずらい体にするにはどうしたらよいか?を考えた上での対応が大切です。

 

 

なかの杜接骨院では、スポーツ障害に限らず、痛みが出た原因を探り、どのような姿勢でどのような身体の使い方をして痛みが出たのかなど、その人に合った根本的な治療を心がけております。

 

もし、なかなか症状が改善せずお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください!!

ジャンパー膝

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

今日は「ジャンパー膝」についてお話します。

以前にもブログで書かせて頂きましたが、よくみられる疾患なので復習を兼ねて書かせて頂きます。

 

ジャンパー膝とは?

繰り返しジャンプ動作が要求される、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、陸上競技(ジャンプ選手)などの種目で、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の収縮筋力が膝蓋骨(しつがいこつ)と膝蓋腱(しつがいけん)(膝蓋靭帯(じんたい))の接合部に繰り返しかかることで、腱の微小断裂や変性が生じる障害のことです。

簡単に言いますと、ダッシュやジャンプといった運動時に、「膝のお皿のすぐ下」に痛みが出る障害です。

 

好発年齢は12歳~20歳までに多く、特に10代の男性に多くみられる疾患です。

 

よく「オスグッド」(詳しくは以前のブログ参照)と間違えられやすいですが、痛みが出る場所が微妙に違ってくるのですぐに鑑別できます。

 

ジャンパー膝を改善するために

ジャンパー膝は、正しい原因を理解し、その原因に対して適切な治療をして、再発しないような体作りをすれば、早期に改善します。

 

①太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)を緩める

ジャンパー膝の痛みを起こしている膝蓋靭帯を引っ張っている筋肉を柔軟にしていきます。緊張している(硬くなっている)筋肉は強い刺激を与えるとさらに緊張が強くなってしまうので、痛くない(緊張が起きない)範囲で働きかけをして、柔軟にしていきます。

 

②太ももの裏(ハムストリングス)、背中、ふくらはぎ(下腿三頭筋)、足首など体全体の連動性を向上させる。

ジャンパー膝は、太ももの前の筋肉の硬さだけでなく、膝を使う動きに関係する筋肉も治療する必要があります。太ももの裏、背中、ふくらはぎ、足首などその方の状態を見て必要な箇所に働きかけをしていきます。

 

③膝のお皿の裏の圧痛を解消する

膝のお皿をずらして、その裏にある圧痛点(押して痛むところ)をミリ単位の精度で探っていきます。微妙に指をずらしたり、角度を変えたりしながらアプローチするとともに、そこに負担をかけている全ての筋肉も緩めていきます。治ったと思って再発してしまうのは、このような治療がおろそかになっている可能性があります。

 

 

なかの杜接骨院では、ジャンパー膝の治療、痛みが軽減されてきたらご自身でできるセルフケアもお伝えします。セルフケアを行いながら施術を受けることで早期回復にも繋がります。

もしこのような症状でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

RICE(ライス)処置

20120710222602_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

スポーツや日常生活で怪我をしたとき、医療機関を受診するまでの間、出来るだけ悪化させない為に「応急処置」を行う必要があります。

 

もし応急処置をしなかったり、適切ではないと、症状が悪化したり治るまでに長い時間がかかったり、場合によっては取り返しのつかないことになってしまう場合もあります。

いざという時のために、正しい応急処置の知識を身に付けましょう!

 

《RICE(ライス)処置》

急性期の怪我の場合『RICE処置』が基本となります。

特に足首などの捻挫の場合、時間がたつにつれてどんどん腫れあがってくることが多いので、『RICE処置』を行うことで怪我の進行や治癒までの期間が全く変わってきます。

 

①Rest(安静)

受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。しかし、患部を安静にさせずに運動を続けることで、修復作業を妨げてしまいます。受傷後は安静にすることが大切です。

 

②Icing(冷却)

冷やすことで痛みを軽減、また血管が収縮されることで腫れや炎症をコントロールすることができます。

 

③Compression(圧迫)

適度な圧迫を患部に与えることで、腫れや炎症を抑えることができます。

 

④Elevation(挙上)

心臓より高い位置に挙上することで重力を利用し、患部に血液が集まらないようにすることで、腫れや炎症を抑えることができます。

 

 

この4つの処置の頭文字をとって『RICE(ライス)』と呼びます。

緊急時の適切な応急処置を知り、怪我の悪化防止や早期回復に役立てましょう!!

 

応急処置を行った後は、近くの接骨院などの医療機関ですぐに診てもらうことをお勧めします!

接骨院ってどんなところ?

boy_question_R

 

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

良くこんな質問を受けます。

 

「接骨院ってどんな時に行けばいいの?」

 

これって接骨院に通ったことがない方はけっこう思ってることだと思います。

 

接骨院に通っている方でも

「接骨院ってそんな症状も診てくれるんだ」

って言われることもあります。。。

 

 

基本的に接骨院で診れるのは

 

骨折脱臼捻挫打撲挫傷(肉離れ)

 

です。

 

スポーツでの怪我はもちろん、日常生活で出た痛みも診ることができます。

 

上記に記述したものは保険を使って治療できる症状です。

また、最近では院によって保険以外の治療を行っているところも多いので、もし興味があればお近くの院、かかりつけの接骨院に確認してみるのもいいと思います。

 

整形外科などと区別するのが難しいと言われる方も多いですが、

 

“整形外科は検査や診断をするところ”

 

接骨院は治療をするところ

 

と思って頂ければ良いかと思います。

 

なかの杜接骨院では、身体の痛みの治療の他に、姿勢の矯正自律神経の調整筋膜リリースなども行っていますので、もし身体のことでお悩みの方は、まずはご相談を!

相談のみは無料です(*^^)v

腰痛

youtsu_man_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は腰痛の原因の一つ、体重増加筋力低下にフォーカスしてお話ししたいと思います。

 

腰痛は、重い物を持ったから・・・とか 転んでしりもちをついたからとか・・・より不良姿勢、 体重増加、筋力低下が起因して発生する場合が実は多いです。

 

不良姿勢により筋肉バランスが崩れ ⇨ それにより基礎代謝量が減少 ⇨ 脂肪燃焼が行われない ⇨ 体重が増加 ⇨ 関節に負荷がかかる ⇨ 痛み

適正な体重を保つためには、食事をコントロールするのがとても大切です。

朝は果物を積極的に摂り、昼夜は野菜を中心に摂り、寝る前の2時間は飲食(水は可)しない。生活を続けると適切な体重を維持出来ます。

日中 水分を2Lほど摂るのも老廃物を早期に除去する観点からもとても大切です。

ここでいう水分はもちろん「水」です。

 

筋力アップは、運動を適度に行う事で可能なので、通勤を車からウォーキングなどに変更する・・・

犬の散歩を長めにする・・・

など、スポーツというより身近な運動を日常生活に取り入れると効果的です。

 

しかし、 腰痛は運動もそうですが、姿勢改善、体重減少を行う食生活の見直しこそが腰痛防止には効果的だと思っています。

 

なかの杜接骨院では、腰痛施術はもちろん、自宅でできる運動指導なども行なっております。

もしヒドイ腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

予約優先!

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

最近とても有難い事に、ご来院くださる患者様が増加し、待合室で長い時間お待ち頂くことが増えてきています。

皆様良い患者様ばかりなので、文句も言わず待って下さっております!

私としてはとても有難くうれしい事です!!

 

ですので、少しでも患者様の待ち時間が長くならないよう予約優先という形をとっております!!

 

予定のわかる場合は治療後次回の予約を、またはお電話での予約も受け付けておりますので、ぜひご利用ください!!

 

 

あ、どうしても予約がとられない方はそのまま来て頂いても大丈夫ですよ♪

 

隙間の時間で治療可能な場合もあるので、その時はぜひ荒川までお声掛けください(^^