オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: むくみ

ふくらはぎのむくみ・だるさ

1431334612_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は、ふくらはぎのだるさの原因、解消法をご紹介します。

 

これからの時期に男女問わず、サンダルを履くことが多くなりますね。また、冷房により足が冷やされむくみやすくもなってきます。

サンダルやパンプスを履いたり、長時間歩いた日に起こる、ふくらはぎむくみやだるさの原因はいくつかあります。

 

ふくらはぎのむくみやだるさの原因

1.姿勢が悪い

2.水分不足

3.日頃の運動不足

 

この3つは全て『血行不良』が原因です。

ふくらはぎの血流が悪いと、血管内の圧力が上がってきてしまいます。

そのため体がなんとか圧力を下げようとした苦肉の策が、血の中の血漿成分を血管の外ヘ染み出させことなんです

 

その状態が続くと染み出た血漿成分は再吸収されず、結果的にふくらはぎがパンパンにむくんでしまうんです。

 

そんなふくらはぎのむくみやだるさの解消法はこちら。

 

1.湯舟に浸かる

…湯舟に浸かると水圧を受けます。

この圧力はウエストが3~6cmも細くなるほど!この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。

 

2.喉が渇く前の水分補給

…軽い脱水症状になってしまうと、人はのどの渇きを感じにくくなります。

のどが渇く前にこまめに水分補給をすることが大切です。

睡眠中にも私たちの体は汗をかくことによって水分を消費しています。

起床時には水分補給を忘れずに行いましょう。水分をこまめに摂取することで体内を

めぐる血液量が安定し、健康維持も期待できます。

 

3.ストレッチ

ふくらはぎのストレッチはもちろん、全身のストレッチが効果的です。

お仕事の合間に伸びをするだけでも良いです。

 

毎日無理なく血流をよくすることを心掛けてみてください!

 

また、なかなか良くならないむくみは、筋肉や関節を痛めていたり、内臓の病気の場合もありますので、もし気になる方は一度なかの杜接骨院までご相談ください。

トリガーポイントって??

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

本日は『トリガーポイント』についてお話します。

 

皆さんはトリガーポイントという言葉はご存知でしょうか?

トリガー(引き金)ポイント(痛みの場所)

つまり痛みを引き起こす筋肉の硬さのことです。

もちろん痛みは全て筋肉によるものではありません。

 

 

例えば

①外傷(骨折、靱帯損傷の明らかなもの)

②内臓疾患(虚血性心疾患、消化器潰瘍、胆のう疾患)

③感染症

④悪性腫瘍など

 

 

これらのように炎症による痛みも考えられます。

上記の場合は病院で検査をすると見つかります。

 

 

しかし腰が痛くなったり首が痛い場合に病院で検査をしても

「骨に異常がありません。安静にして下さい」

と言われることもしばしばあります。

痛みがあって困り果てて足を運んだのに何もしてもらえなかった。

 

このような場合唯一診ていない所があります。

 

それが筋肉です。

 

病院には筋肉科がありませんので、筋肉のスペシャリストはほとんどいないと思っています。

つまりそこに痛みの原因がある場合は「原因不明」になってしまうのです!

 

 

トリガーポイントがどのようにできるのか?

 

筋肉は縮むことが仕事です。

 

この縮む事には大きく分けて3種類あります。

 

たとえば、上腕二頭筋(二の腕の筋肉)の場合

 

・肘を曲げて重いものを持ち上げる動作(求心性収縮)

・重いものを下に降ろす動作(遠心性収縮)

・重いものを持ち続ける動作(求心性収縮)

 

いずれかの動作を繰り返すことで筋肉の中にしこりができてしまいます。

このしこりにさらに負担がかかると筋肉は血流が悪くなり内部で酸欠という状態になります。

 

この酸欠状態が大問題なのです。

 

筋肉も細胞なので酸素がないと機能しづらくなっていきます。

そうすると筋肉の内部に痛みの物質が蓄積してそれが脳に信号を送り

痛みが発生していきます。

 

トリガーポイントの治療効果

 

トリガーポイント治療は痛みがある場所だけではなく痛みの原因になっている筋肉にも治療を行っていく必要があります。

 

たとえば腰痛があるとします。

腰の背骨に近いところに痛みがあっても、お腹側の筋肉が硬くなり血流が悪くなっていると腰に痛みを引き起こします。これを関連痛と言います。

この関連痛を引き起こしている原因(真の治療ポイント)を治療する必要があります。

痛みの本当の原因にマッサージや電気を使った治療を行う事で確実に効果を出すことができます。

 

血液の循環を改善して酸欠状態を解消することが目的です。

よく分からないけど行ったら楽になるという治療ではなく、なぜ痛くなっているのか?

なぜ治るのか?ここを理解して頂くことも治療の効果に影響が出ます。

 

なかの杜接骨院では、このトリガーポイントを探り、根本からアプローチをかけ治療を行っています。

長く続く痛みでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

こむら返りの原因⁉こむら返りとは⁇

03b5e54e0410eac8439a700762dbd000_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

寝ているときに足がつる・疲れた時に少し足を動かすとつりそうになるといった痛くつらい経験はありませんか?

 

これはいわゆる『こむら返り』と言われるものです。

 

※こむら返りとは「こむら=ふくらはぎ」の筋肉の痙攣をいい、特に腓腹筋に起こりやすいため腓腹筋痙攣とも言われます。

 

 

身体を動かすとき、筋肉を収縮(=縮める)させることで関節を曲げ伸ばしすることが出来ます。

 

また、筋肉には収縮を調節するセンサーがついていますが、筋肉を酷使する・疲れが溜まるなどといった状態になると、そのセンサーがうまく働かずその結果、筋肉の異常な収縮を起こしてしまうのです。

 

 

【こむら返りの原因は?】

筋肉の疲れなどが溜まり筋肉への血流が悪くなり筋肉に必要な酸素や栄養がいかない状態になった結果、筋肉が硬くなり異常な収縮を起こします。

 

また、汗をかいて脱水状態になると電解質のバランスが崩れることでも異常収縮の原因となってしまいます。

その他、冷房などで冷えることでも起こりやすくなります。

 

 

【こむら返りの治療法とは??】

まず、こむら返りが起こってしまった時の正しい対処は、筋肉が収縮(縮む)している状態なので、その収縮してしまっている筋肉を伸ばすこと、つまりストレッチが必要になります。

 

どのような方法かというと・・・

 

 

 

このようにつま先を持ち自分に向かって引くことでふくらはぎをストレッチすることが出来ます。

 

その他に、日ごろからまめに水分(スポーツドリンクなど)を摂るや足元を冷やさないことでも予防に繋がります!

 

ですが、これらはあくまで対処・予防です!

 

こむら返りを起こさないようにするには、血流が悪くなり硬くなってしまった筋肉を根本的に治していくことで改善されます!!

 

もし頻繁なこむら返りにお困りの方は、なかの杜接骨院までご相談ください!

接骨院ってどんなところ?

boy_question_R

 

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

良くこんな質問を受けます。

 

「接骨院ってどんな時に行けばいいの?」

 

これって接骨院に通ったことがない方はけっこう思ってることだと思います。

 

接骨院に通っている方でも

「接骨院ってそんな症状も診てくれるんだ」

って言われることもあります。。。

 

 

基本的に接骨院で診れるのは

 

骨折脱臼捻挫打撲挫傷(肉離れ)

 

です。

 

スポーツでの怪我はもちろん、日常生活で出た痛みも診ることができます。

 

上記に記述したものは保険を使って治療できる症状です。

また、最近では院によって保険以外の治療を行っているところも多いので、もし興味があればお近くの院、かかりつけの接骨院に確認してみるのもいいと思います。

 

整形外科などと区別するのが難しいと言われる方も多いですが、

 

“整形外科は検査や診断をするところ”

 

接骨院は治療をするところ

 

と思って頂ければ良いかと思います。

 

なかの杜接骨院では、身体の痛みの治療の他に、姿勢の矯正自律神経の調整筋膜リリースなども行っていますので、もし身体のことでお悩みの方は、まずはご相談を!

相談のみは無料です(*^^)v

イビキの原因

2121caad_R

 

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日はイビキについてお話します。

 

睡眠時にイビキをかく人は少なくありません。

実際私も自分の急なイビキで飛び起きることがたまにあります。笑

 

ではイビキをかく原因は一体何なんでしょうか。

 

 

《イビキのメカニズム》

イビキは呼吸によって空気が通るときに、上気道= 「喉(咽頭)や鼻(鼻腔)」の中の粘膜が振動して音が鳴る現象です。

睡眠時に全身の筋肉が緩むと同時に喉や鼻の筋肉が緩むことによって、上気道が狭くなり「抵抗音や振動音」の“イビキ音”が発生しやすくなります。

 

 

《イビキの原因》

イビキの原因は多岐にわたります。個人差がありますし、同じ人でも日によって違います。また、複数の原因が重なり合ってイビキをかく場合も多いようです。

イビキをかきやすい人には以下のような特徴があります。

 

1 肥満気味である

2 口呼吸の習慣がある。

3 仰向けで寝ている

4 鼻炎の症状がある

5 疲れやストレスが溜まっている

6 寝る直前までお酒を飲む

7 睡眠薬・精神安定剤を服用している

 

 

《日常生活への影響》

家族などの周囲の人の睡眠を妨げる原因に

周囲の迷惑になることから、人間関係に影響することも考えられます

 

疲労感がとれない

イビキをかくと眠りが浅く熟睡できない為、眠った後も疲労感が残りスッキリしないことが多くなります

 

睡眠不足による能力の低下

慢性的な睡眠不足によって脳の働きが鈍くなり、集中力や記憶力、判断力が低下します。その結果、交通事故などを起こす危険性が高まることも。

 

 

《イビキの改善》

ダイエットをする

喉付近や口の中などに脂肪がつくと上気道が狭くなるので、肥満気味の場合はダイエットをしましょう。

ただし、急激なダイエットはかえって体調を崩しかねないので無理は禁物です。

 

鼻呼吸を行う

寝ている間だけではなく、普段から鼻呼吸を行うように心がけて生活しましょう。

 

横向きで寝る習慣をつける

仰向けで寝ると舌が喉のほうに沈み上気道を狭くする原因になる為、横向きで寝る習慣をつけましょう。

 

寝る直前の飲酒は控える

アルコールを摂取すると喉や口の中の筋肉が緩み上気道が狭くなってしまいます。飲酒する場合は、少なくとも寝る3時間前までには飲み終われるように心がけましょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスもイビキの原因になるので、自分なりのリラックス方法を見つけ、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

 

イビキの症状が激しく、睡眠時無呼吸症候群などが疑われる場合は、耳鼻咽喉科や睡眠障害の専門医で診察を受けることをお勧めします。

 

自分にとってのイビキの原因を知り、自分に合った解決・改善策を導き出して自分や周りもイビキに悩まされることのない快適な生活リズムを取り戻しましょう!!

自分のイメージと体の動きの誤差

gi01a201406251600_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

スポーツをやっている人は経験があると思いますが、鏡に映った自分のフォーム、もしくは自分のフォームを動画撮影したときに、自分がイメージしているフォームと違ってることに驚きます。

 

心が支配している体と、脳が支配してる体が一致していないのです。

感覚と実際の動きの誤差、この誤差がスポーツの成績に及ぼす影響は意外と大きい。

 

では、どうすれば誤差を小さくできるのか?

答えは簡単です。

 

鏡の前で繰り返し練習することです。

脳は視覚による刺激の影響を凄く受けやすいので、理屈で覚えるのではなく、見たほうが効果的です。

「百聞は一見に如かず」ですね。

 

自分が思っている通りに身体を操ることができると確実に動きが良くなります。

スピードやパワーはまた別ですが、、、。

 

日常生活動作も同じです。

自分が思っているのと実際の動きには誤差があります。

体に不調を抱えている方は、この誤差が大きい人が多いです。

 

家のあちこちに鏡を置き、身体のライン、そして動きを確認してみましょう。

これはなかなか効果的です。

自分の動きや癖を知ることで、今自分に起きてる不調の原因を発見できるかもしれません。

人は自分のことを意外と自分が一番知らなかったりもしますからね(^^)

 

以上、荒川でした。。

春うつ

utsu_boy_R

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

新年度を迎え、中には学校を卒業し新社会人になったり、職場を変えたり、引っ越しをしたりと、新生活をスタートされた方も多くいるのではないでしょうか。

 

入社式や入学式、始業式・・・4月は何かとスタートの季節です。

しかし、年度始めは新たな環境に身を置くことへの期待と同時に、緊張や不安などを抱えてる人が多い時季でもありますね。

 

体や心はこれまでとは違う緊張状態となり、異なる環境が知らず知らずのうちにストレスに。。。

こうした要因が「春うつ」を引き起こすと言われてます。

 

 

《「春うつ」の原因とは??》

「うつ病」は心の病であることから、まだ判明していないことが多い病気ですが、脳の神経情報を伝達する物質の量が減るなど、脳のエネルギーが著しく欠乏した状態であると言われています。

 

環境の変化からくるストレスや体の不調など、様々な要因が重なることで発症しますが、新生活が始まる春はストレスを抱えやすく、まさにうつ病を引き起こしやすい季節。

 

また、春は出会いの季節であると同時に別れの季節でもあり、慣れ親しんだものとの別れからくる悲哀感や虚無感から、自律神経のバランスを崩しやすいのです。

さらに、3~4月は季節の変わり目で寒暖差が激しいため、季節の変化に体がうまくついていけず、体調を崩しやすいことも「春うつ」の原因としてあげられます。

 

 

《「春うつ」を防ぐ心構え》

うつ病の治療では、【セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン】という3種類の神経伝達物質が重要視されています。

これら3大神経伝達物質がバランス良く働くことにより、脳の機能は健全に保たれます。

その分泌量を高めるために普段の生活から気を付けたい3つの心構えをお話しします。

 

①食事を疎かにしない

3大神経伝達物質の元となるのはアミノ酸です。アミノ酸はタンパク質が分解されて作られるので、質の高いタンパク質を摂ることが重要です。

「うつ病予防に効果的な食材」

タンパク質肉、魚、卵、大豆、乳製品など)

ビタミンB群レバー、カツオ、マグロ、卵、貝類、納豆、バナナ、緑黄色野菜など)

ミネラルレバー、赤身の肉、魚介類、海藻、青菜類、納豆など)

脂肪酸鯖、鰯などの青背の魚

 

朝食を抜くと脳のエネルギーが不足します。1日3回、決まった時間に栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

 

②早寝早起きを心がける

睡眠不足はイライラや気分の落ち込みなど、精神面に影響を及ぼします。夜間のスマートフォンの使用は体内時計を狂わせ自律神経の乱れを引き起こします。

なかなか眠りにつけない、、とお悩みの方は、まずは朝日を浴びましょう!!

20~30分くらい朝日を浴びることで体内時計がリセットされますよ!

 

③頑張り過ぎない!

「春うつ」を防ぐために最も大切なことは、頑張り過ぎないことです。

4月は「スタートだ!」と、いつも以上に張り切って気付かないうちに疲れを溜め込んでしまうことも多いようです。

あまり気構えず、いつもと変わらない生活を心がけましょう。

会社や学校で頑張り過ぎた日は、お家でリラックスして過ごしてください。

 

春は環境が変化し、ストレスを抱え、自律神経が乱れやすい季節。

だからこそきちんとした栄養・睡眠をとってリラックスすることが大事ですね!!

 

産後骨盤矯正

b112_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

昨日は東京でも気温が25℃と夏並みの暑さでしたが、今日は北風が吹いて少し肌寒く感じます。

このような陽気の時は体調を崩しやすいので、皆さんも体調管理に気をつけてお過ごしください。

 

 

今回は産後の骨盤矯正についてお話いたします。

本日はかなり長くなります!!途中で飽きてしまうかもしれません!笑

が、納得の内容になっていると思いますので最後まで読んで頂けたら幸いです(^^

。。。。

 

 

さて、

妊婦さんにとって出産は一つの大きなゴールですよね。それと同時に子育てのスタートで、「出産後の生活のほうが大変だった」という先輩ママも。

中でも出産時に開いた骨盤が原因で、体重は戻ったのに体型が戻らなかった、腰痛や肩こりがひどくなった、などの悩みは多いようです。

 

 

 

《産後に骨盤が歪む原因は!?》

そもそも産後に骨盤が歪む原因は出産によって骨盤が大きく開くことにあります。

歪んだ骨盤は産後数ヶ月かけてゆっくりと元の状態に戻ります。骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠や出産を通して左右のバランスが崩れていると、正常な位置に戻りづらくなると言われています。

また、横座り椅子での足組みあぐら猫背は体を歪める姿勢なので、産後2~3ヶ月までにこれらの姿勢をとっていると、骨盤がさらに歪んでしまいます。

 

 

 

《産後に骨盤が戻らないとどうなる!?》

骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、体のラインが崩れて筋肉の動きが妊娠前と変わってしまうことがあります。

また、産後は筋力が低下しているので、脂肪の燃焼がうまくいかなくなります。

 

他にも、肩こり腰痛むくみ冷え性不妊などの婦人科系トラブルにも繋がってしまうこともあります。

特に慢性的な肩こり腰痛はほとんどが姿勢の歪みが原因で発症してると言われています。

 

 

 

《産後の骨盤矯正》

そこで大事になってくるのが産後の骨盤矯正です。

歪んだ骨盤を正しい位置に戻すことを骨盤矯正と呼びますが、出産を機会にダイエットや体型の改善を目指すことを産後リフォームと呼ぶこともあります。

 

骨盤が正しい位置に戻ると筋肉も正しい働きをするので、歩きやすくなります。そうすると体全体の血流も良くなり、基礎代謝も上がるので、消費カロリーが増加します。

消費カロリーが上がるということは、それだけ痩せやすい体になってるということ。

産後に体重が停滞していたのに、骨盤矯正を始めて1週間で体重が1~2㎏くらい減ったという事例もあります。

 

 

 

《産後の骨盤矯正はいつからいつまで??》

産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかで、骨盤矯正やリフォームには絶好の機会です。

基本的には、産後6ヶ月までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。産後6ヶ月前後を過ぎると、骨盤のグラグラが少ない状態になり、ゆがみが強い場合は矯正するのが大変になることもあります。

できればそうなる前に骨盤矯正やリフォームを開始しておきたいですね。

 

ただ、産後1ヶ月は悪露が出るなど、出産の影響が体に残っている時期です。無理をすると体調を悪化させる可能性もあるので、産後1ヶ月ほどは焦らず、体調と相談しながら骨盤矯正をスタートしましょう!

 

また、6ヶ月を過ぎたからといって戻らないわけではないので重い腰痛や肩こりに悩まされているのであれば矯正するのをおすすめします!

 

 

 

長々と失礼いたしました!そして最後までお読み頂きありがとうございます。産後の骨盤矯正の必要性ご理解頂けましたか(^^?

 

このように産後の体の不調、姿勢の歪みを改善すべく、なかの杜接骨院では、産後骨盤矯正をはじめ猫背矯正も行っております。姿勢などでお悩みの方はぜひ当院までご相談ください!

 

猫背矯正のご案内

おはようございます!なかの杜接骨院の石岡です。

今年の桜は、天候にも恵まれて見頃の期間もいつもより長いなぁと思うと同時に、散る桜と出てくる新芽の見れるこの時期の桜が一番好きなように感じます。

 

さて今回は当院のコンセプトにある姿勢改善のコースをご紹介をします。

 

当院では痛みの原因は「姿勢」にあると考えおりまして、そこに対してのアプローチにこだわっています。

(詳しくは以前のブログやHPに書いていますので割愛させて頂きます。)

 

姿勢改善の特別コースにあたる猫背矯正コースというものがありまして5回、8回、12回と患者様の状態と意思をこちらの提案をもって決めさせていただきます。

 

12回⁉と思われるかもしれませんが効果は初回にしっかりと感じて頂けます。

ただ、今までの不良姿勢など様々な原因の根本からの改善となると効果持続を考えて複数回の施術をオススメしています。

初回は6000円→3600円になりますので是非一度体験してみてください!

 

また、回数券もご用意しております。最大約20%OFF(12000円OFF)の券もありますので詳しくはスタッフにご確認ください!

 

以前のブログに猫背矯正についての詳しい内容を書いていますので、そちらも併せて見て頂ければと思います!

むくみの原因!?

mukumi(1)_R

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

今日はむくみについてお話します。

朝起きた時や一日中立ちっぱなしだった後に、顔や手足がパンパンになってしまう『むくみ』。

この症状に悩まさている人も多いのではないでしょうか。

むくみの原因は様々ですが、危険な病気のサインのケースもあります。

 

 

『むくみ』が起こる原因は大きく分けて2つあります。

1つは、不要になった血液中の水分『間質液』が増加し、細胞と細胞の間に溜まるため。『間質液』が増加するのは血行不良が原因です。

 

もう1つは、血管のそばにある「リンパ管」の中の『リンパ液』の流れが滞るためです。体内の老廃物を回収・排出する液体の流れが滞ると行き場のなくなった水分がむくみとして現れます。

 

 

 

<むくみやすい人の特徴>

・皮下脂肪が多い

・筋肉量が少ない

・立ち仕事や長時間同じ姿勢を続けている人

・水分や塩分、アルコールを摂る機会が多い

・水分不足(水分の摂り過ぎとは逆に水分不足だと静脈の働きが悪くなり、動脈から血管の外に出た水分を静脈が吸収できなくなるため)

・ストレスが多い

・運動不足

 

 

<むくみの解消と予防>

・ゆっくりとお風呂につかる

・入浴後に軽くマッサージをする

・睡眠をしっかりとる

・ランニングや水泳など有酸素運動をする

・塩分の多い食べ物を控える

・カリウムが多く含まれた食事を摂る(大豆類やイモ類、海藻類、バナナなど)

また、昆布やわかめなどの海藻類には『アルギン酸』という成分が含まれており、体内のカリウムを増やして塩分量の多いナトリウムを排出する働きをします。

 

 

 

この他にもむくみの原因は多々あります。

なかの杜接骨院ではむくみ改善の為のアプローチも行っておりますので、むくみが気になっている方はお気軽にご相談ください!!