オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: ふくらはぎ

アキレス腱

20f5f574fc12998af01efc03fa2e0275-1_R

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

今日はアキレス腱の痛みについてお伝えさせていただきます。

アキレス腱という言葉は聞いたことあるけど実際どんな働きがあるのか、そもそも何から出来てるものなのかご存知じゃない方も多いのではないでしょうか。

アキレス腱って何?!

ふくらはぎの筋肉を下腿三頭筋と言いますがその下腿三頭筋と踵を結ぶ人体中最大の腱と言われています。

この下腿三頭筋の下部の部分がアキレス腱となります。

アキレス腱の働きって?!

歩行や疾走・跳躍などの運動の際、爪先を蹴り出す時にかかとを持ち上げたり、着地する足の爪先を地面に踏み込ませるなど重要な機能を果たしています。

このアキレス腱の周りに痛みがでる場合がありますが、その場合疑われるのはアキレス腱炎というものです。

アキレス腱炎とは

運動やジャンプ動作で踵に着くアキレス腱に負荷がかかり、アキレス腱に炎症が起こったり、微細な断裂が起きている状態です。

症状はアキレス腱が腫れたり、熱感があります。

運動の開始時や終了時に痛む初期段階から朝起きての一歩目の痛みや足を上に上げる時に痛む・安静時の痛みなど様々です。

アキレス腱炎の治療

アキレス腱とは先程お伝えさせて頂いたように下腿三頭筋からなる組織なので、アキレス腱局所だけではなく主に手技治療や超音波治療で下腿三頭筋の血流を改善し、柔軟性を上げたり負担が溜まりにくい状態にし痛みを取るだけではなく再発防止をします。

アキレス腱の痛みを放っておくとアキレス腱断裂など、大きな怪我に発展してしまう可能性もあります。

アキレス腱の痛みでお困りの方は、ぜひ一度なかの杜接骨院までご相談ください!!

ふくらはぎのむくみ・だるさ

1431334612_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は、ふくらはぎのだるさの原因、解消法をご紹介します。

 

これからの時期に男女問わず、サンダルを履くことが多くなりますね。また、冷房により足が冷やされむくみやすくもなってきます。

サンダルやパンプスを履いたり、長時間歩いた日に起こる、ふくらはぎむくみやだるさの原因はいくつかあります。

 

ふくらはぎのむくみやだるさの原因

1.姿勢が悪い

2.水分不足

3.日頃の運動不足

 

この3つは全て『血行不良』が原因です。

ふくらはぎの血流が悪いと、血管内の圧力が上がってきてしまいます。

そのため体がなんとか圧力を下げようとした苦肉の策が、血の中の血漿成分を血管の外ヘ染み出させことなんです

 

その状態が続くと染み出た血漿成分は再吸収されず、結果的にふくらはぎがパンパンにむくんでしまうんです。

 

そんなふくらはぎのむくみやだるさの解消法はこちら。

 

1.湯舟に浸かる

…湯舟に浸かると水圧を受けます。

この圧力はウエストが3~6cmも細くなるほど!この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。

 

2.喉が渇く前の水分補給

…軽い脱水症状になってしまうと、人はのどの渇きを感じにくくなります。

のどが渇く前にこまめに水分補給をすることが大切です。

睡眠中にも私たちの体は汗をかくことによって水分を消費しています。

起床時には水分補給を忘れずに行いましょう。水分をこまめに摂取することで体内を

めぐる血液量が安定し、健康維持も期待できます。

 

3.ストレッチ

ふくらはぎのストレッチはもちろん、全身のストレッチが効果的です。

お仕事の合間に伸びをするだけでも良いです。

 

毎日無理なく血流をよくすることを心掛けてみてください!

 

また、なかなか良くならないむくみは、筋肉や関節を痛めていたり、内臓の病気の場合もありますので、もし気になる方は一度なかの杜接骨院までご相談ください。

ハムストリングスに多い肉離れ‼その原因とは⁉

nikubanare-6_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

今回は太ももの後ろ側(ハムストリングス)の肉離れについてお話します。

 

肉離れとは、名前の通り、筋肉が一部、または完全に切れてしまった状態のことを言います。

肉離れは特に足に多く発生し、太ももの後ろ側とふくらはぎに特に多発することがあります。

その中でも今回紹介するのはハムストリングスの肉離れです。

 

ハムストリングスに発生しやすい理由とは?

太ももには前面に大腿四頭筋という大きな筋肉があり、後面にはハムストリングスがあります。この2つの筋肉は拮抗筋と言われてこの拮抗筋のバランスの悪さが原因にもなることがあります。前面にある大腿四頭筋の方が非常に強い力を持っているのですが、それに比べてハムストリングスの方が筋力は構造上、劣ってしまうのです。

その結果、太ももに急激な筋肉の収縮が加わった際に、力が劣ってしまうハムストリングスに肉離れが起こりやすいというのが1つのハムストリングスに肉離れが起こりやすい理由となります。

 

また、筋肉の柔軟性が悪くなることでも肉離れは起こしやすくなります。十分なウォーミングアップやケア不足、そのような事によって筋肉の血流が悪くなり筋肉の硬さができてしまう事で肉離れの発生率は上がってしまうのです。

 

これから暑くなり冷房を使う機会も増えてくると思いますが、その冷たい風が当たる事で冷えてしまい、それがきっかけで血流が悪くなり筋肉の硬さができてしまう事も要因の一つになるので、冷やしすぎにも十分注意しなければいけません。

 

肉離れの種類

肉離れの症状は主に3段階に分けられます。

I度・・・比較的軽傷で痛みは伴いますが自力の歩行も可能な場合もあります。

II度・・・筋肉が部分的に切れている状態で内出血なども見られてきます。
こちらになると痛みを強く伴い、自力の歩行が難しくなってきます。

III度・・・こちらは最も重症で内出血が著名に出てきます。
自力の歩行はほぼ不可能となり体重をかける事も激痛を伴うようになります。

I度で軽傷だから、と油断するのもよくありません!

軽傷とはいっても、筋肉の損傷はしている状態で、そこで無理をすると重症化するケースもあります。




当院ではハムストリングスの肉離れに合わせた処置や治療もさせて頂きますので、
このような症状でお悩みの方は是非一度なかの杜接骨院にご相談下さい!

こむら返りの原因⁉こむら返りとは⁇

03b5e54e0410eac8439a700762dbd000_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

寝ているときに足がつる・疲れた時に少し足を動かすとつりそうになるといった痛くつらい経験はありませんか?

 

これはいわゆる『こむら返り』と言われるものです。

 

※こむら返りとは「こむら=ふくらはぎ」の筋肉の痙攣をいい、特に腓腹筋に起こりやすいため腓腹筋痙攣とも言われます。

 

 

身体を動かすとき、筋肉を収縮(=縮める)させることで関節を曲げ伸ばしすることが出来ます。

 

また、筋肉には収縮を調節するセンサーがついていますが、筋肉を酷使する・疲れが溜まるなどといった状態になると、そのセンサーがうまく働かずその結果、筋肉の異常な収縮を起こしてしまうのです。

 

 

【こむら返りの原因は?】

筋肉の疲れなどが溜まり筋肉への血流が悪くなり筋肉に必要な酸素や栄養がいかない状態になった結果、筋肉が硬くなり異常な収縮を起こします。

 

また、汗をかいて脱水状態になると電解質のバランスが崩れることでも異常収縮の原因となってしまいます。

その他、冷房などで冷えることでも起こりやすくなります。

 

 

【こむら返りの治療法とは??】

まず、こむら返りが起こってしまった時の正しい対処は、筋肉が収縮(縮む)している状態なので、その収縮してしまっている筋肉を伸ばすこと、つまりストレッチが必要になります。

 

どのような方法かというと・・・

 

 

 

このようにつま先を持ち自分に向かって引くことでふくらはぎをストレッチすることが出来ます。

 

その他に、日ごろからまめに水分(スポーツドリンクなど)を摂るや足元を冷やさないことでも予防に繋がります!

 

ですが、これらはあくまで対処・予防です!

 

こむら返りを起こさないようにするには、血流が悪くなり硬くなってしまった筋肉を根本的に治していくことで改善されます!!

 

もし頻繁なこむら返りにお困りの方は、なかの杜接骨院までご相談ください!