オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: なかの杜接骨院

休診のお知らせ

なかの杜接骨院の荒川です。

 

夏休みの日程をお知らせします。

 

よろしくお願いします(^^)

 

image1[1427]_R

トリガーポイントって??

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

本日は『トリガーポイント』についてお話します。

 

皆さんはトリガーポイントという言葉はご存知でしょうか?

トリガー(引き金)ポイント(痛みの場所)

つまり痛みを引き起こす筋肉の硬さのことです。

もちろん痛みは全て筋肉によるものではありません。

 

 

例えば

①外傷(骨折、靱帯損傷の明らかなもの)

②内臓疾患(虚血性心疾患、消化器潰瘍、胆のう疾患)

③感染症

④悪性腫瘍など

 

 

これらのように炎症による痛みも考えられます。

上記の場合は病院で検査をすると見つかります。

 

 

しかし腰が痛くなったり首が痛い場合に病院で検査をしても

「骨に異常がありません。安静にして下さい」

と言われることもしばしばあります。

痛みがあって困り果てて足を運んだのに何もしてもらえなかった。

 

このような場合唯一診ていない所があります。

 

それが筋肉です。

 

病院には筋肉科がありませんので、筋肉のスペシャリストはほとんどいないと思っています。

つまりそこに痛みの原因がある場合は「原因不明」になってしまうのです!

 

 

トリガーポイントがどのようにできるのか?

 

筋肉は縮むことが仕事です。

 

この縮む事には大きく分けて3種類あります。

 

たとえば、上腕二頭筋(二の腕の筋肉)の場合

 

・肘を曲げて重いものを持ち上げる動作(求心性収縮)

・重いものを下に降ろす動作(遠心性収縮)

・重いものを持ち続ける動作(求心性収縮)

 

いずれかの動作を繰り返すことで筋肉の中にしこりができてしまいます。

このしこりにさらに負担がかかると筋肉は血流が悪くなり内部で酸欠という状態になります。

 

この酸欠状態が大問題なのです。

 

筋肉も細胞なので酸素がないと機能しづらくなっていきます。

そうすると筋肉の内部に痛みの物質が蓄積してそれが脳に信号を送り

痛みが発生していきます。

 

トリガーポイントの治療効果

 

トリガーポイント治療は痛みがある場所だけではなく痛みの原因になっている筋肉にも治療を行っていく必要があります。

 

たとえば腰痛があるとします。

腰の背骨に近いところに痛みがあっても、お腹側の筋肉が硬くなり血流が悪くなっていると腰に痛みを引き起こします。これを関連痛と言います。

この関連痛を引き起こしている原因(真の治療ポイント)を治療する必要があります。

痛みの本当の原因にマッサージや電気を使った治療を行う事で確実に効果を出すことができます。

 

血液の循環を改善して酸欠状態を解消することが目的です。

よく分からないけど行ったら楽になるという治療ではなく、なぜ痛くなっているのか?

なぜ治るのか?ここを理解して頂くことも治療の効果に影響が出ます。

 

なかの杜接骨院では、このトリガーポイントを探り、根本からアプローチをかけ治療を行っています。

長く続く痛みでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

㊗2周年!!

IMG_5906_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

明日で開院して丸2年が経ちます。

 

無事2周年を迎えることができました!

 

こうして2周年を迎えることができたのも、私を支えてくださる皆様と患者様のおかげと深く感謝しております。

 

たくさんのプレゼントもありがとうございました!

 

頂いたもの全てを載せることができず残念ですが、皆様からのお気持ちとても嬉しく思います!

 

より一層皆様に愛されるよう、これからも地域の皆様の為、ご来院くださる患者様の為に日々精進して参りたいと思います!!

 

3年目のなかの杜接骨院もよろしくお願いいたします!!

ウォーミングアップの必要性とは?

62692_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。
暖かくなってきて思い切り体を動かしたくなりますね。

そんな時は思うままに動いてしまい、怪我をしそうになりヒヤッとした場面に遭遇したことはありませんか?
やはりそこで重要になってくるのは「ウォーミングアップ」です。

 

 

皆様はウォーミングアップの重要性はご存知でしょうか?

何故必要なのかというと、理由は2つあります。

 

1.体への負担の軽減

いきなり激しい運動を行うと、急激に心拍数と血圧が上昇し、呼吸が乱れます。

すると、心臓・血管・肺などに大きなダメージを与えます。

負担を軽減するためにも、準備運動によって徐々に心拍数を上げて、体を慣らせる必要があります。

 

例えば、マラソンのレースなどでは普段の練習以上に心拍数・血圧も上がりやすく、心臓血管に負担がかかりやすい運動には、事前に本番時にかかる負担を想定してウォーミングアップの時間や強度調節し動くことで心拍数を上げておくと良いです!

 

 

2.筋肉、靭帯の怪我の予防

体を過度に伸ばしたり、ねじったりすると、筋肉を痛める可能性があります。

また関節の可動域を超えて靭帯を痛める可能性も考えられます。

怪我を事前に予防するためにも、準備運動によって筋肉の柔軟性と関節の可動域を高めることが重要です。

筋肉や腱を柔らかくし、関節の可動域を大きくしますので、過度の伸展やねじれによる肉離れや腱の断裂を防ぐことができます。

 

 

ウォーミングアップにはどんなものが適しているのかというと、一般的には軽い有酸素運動(ウォーキングやランニング)を行ってから、 動的ストレッチ(ラジオ体操など反動を利用して体を弾ませるように行うストレッチ)を行うと良いと言われています。

 

 

もし怪我をされた場合はなかの杜接骨院にお任せください!

本当は怖い足首の捻挫

20130312172230_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は足首の捻挫についてお話します。

 

日常生活でもスポーツの場面でも意外と足をひねることって多いですよね?!

 

でも、ひねった瞬間だけ痛い人や、ひねったけど痛くない人

 

ひねった瞬間から激痛でその後も歩けなくなる人、などたくさんいると思います。

 

そんな方たちに、気を付けてほしいことがあります。

 

ひねった ⇨ 痛くない ⇨ 治った♪

 

ではないのです!!

 

実際は

ひねった ⇨ 痛くないように歩こう(無意識) ⇨ 痛くない ⇨ 治った(ように感じる)

なのです!

 

治ったようで治ってない可能性が高いです。

むしろ、足首に痛みが出ないように歩いているその歩き方に問題があります。

足首に負担をかけないように歩くことで、本来足首が負うべき負担を他の箇所が負担してくれているのです。

 

 

例えば、

ふくらはぎ外側 ⇒  ⇒ 股関節 ⇒ お尻 ⇒ 

 

という風に足首を痛めたその負担がだんだんと上に登っていくように連鎖していきます。

 

 

日常生活で腰に痛みがあったり、腰のハリ感がなかなか抜けない、長時間歩くと腰が痛くなる

なんていう症状がある方、足首の捻挫が原因かもしれません。。

 

少し前に足首を捻っていませんか?

怪我したまま放置して足首に違和感を感じていませんか?

 

 

少しでも気になるようでしたらすぐにでもなかの杜接骨院にご相談ください!!

接骨院ってどんなところ?

boy_question_R

 

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

良くこんな質問を受けます。

 

「接骨院ってどんな時に行けばいいの?」

 

これって接骨院に通ったことがない方はけっこう思ってることだと思います。

 

接骨院に通っている方でも

「接骨院ってそんな症状も診てくれるんだ」

って言われることもあります。。。

 

 

基本的に接骨院で診れるのは

 

骨折脱臼捻挫打撲挫傷(肉離れ)

 

です。

 

スポーツでの怪我はもちろん、日常生活で出た痛みも診ることができます。

 

上記に記述したものは保険を使って治療できる症状です。

また、最近では院によって保険以外の治療を行っているところも多いので、もし興味があればお近くの院、かかりつけの接骨院に確認してみるのもいいと思います。

 

整形外科などと区別するのが難しいと言われる方も多いですが、

 

“整形外科は検査や診断をするところ”

 

接骨院は治療をするところ

 

と思って頂ければ良いかと思います。

 

なかの杜接骨院では、身体の痛みの治療の他に、姿勢の矯正自律神経の調整筋膜リリースなども行っていますので、もし身体のことでお悩みの方は、まずはご相談を!

相談のみは無料です(*^^)v

腰痛

youtsu_man_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は腰痛の原因の一つ、体重増加筋力低下にフォーカスしてお話ししたいと思います。

 

腰痛は、重い物を持ったから・・・とか 転んでしりもちをついたからとか・・・より不良姿勢、 体重増加、筋力低下が起因して発生する場合が実は多いです。

 

不良姿勢により筋肉バランスが崩れ ⇨ それにより基礎代謝量が減少 ⇨ 脂肪燃焼が行われない ⇨ 体重が増加 ⇨ 関節に負荷がかかる ⇨ 痛み

適正な体重を保つためには、食事をコントロールするのがとても大切です。

朝は果物を積極的に摂り、昼夜は野菜を中心に摂り、寝る前の2時間は飲食(水は可)しない。生活を続けると適切な体重を維持出来ます。

日中 水分を2Lほど摂るのも老廃物を早期に除去する観点からもとても大切です。

ここでいう水分はもちろん「水」です。

 

筋力アップは、運動を適度に行う事で可能なので、通勤を車からウォーキングなどに変更する・・・

犬の散歩を長めにする・・・

など、スポーツというより身近な運動を日常生活に取り入れると効果的です。

 

しかし、 腰痛は運動もそうですが、姿勢改善、体重減少を行う食生活の見直しこそが腰痛防止には効果的だと思っています。

 

なかの杜接骨院では、腰痛施術はもちろん、自宅でできる運動指導なども行なっております。

もしヒドイ腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

イビキの原因

2121caad_R

 

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日はイビキについてお話します。

 

睡眠時にイビキをかく人は少なくありません。

実際私も自分の急なイビキで飛び起きることがたまにあります。笑

 

ではイビキをかく原因は一体何なんでしょうか。

 

 

《イビキのメカニズム》

イビキは呼吸によって空気が通るときに、上気道= 「喉(咽頭)や鼻(鼻腔)」の中の粘膜が振動して音が鳴る現象です。

睡眠時に全身の筋肉が緩むと同時に喉や鼻の筋肉が緩むことによって、上気道が狭くなり「抵抗音や振動音」の“イビキ音”が発生しやすくなります。

 

 

《イビキの原因》

イビキの原因は多岐にわたります。個人差がありますし、同じ人でも日によって違います。また、複数の原因が重なり合ってイビキをかく場合も多いようです。

イビキをかきやすい人には以下のような特徴があります。

 

1 肥満気味である

2 口呼吸の習慣がある。

3 仰向けで寝ている

4 鼻炎の症状がある

5 疲れやストレスが溜まっている

6 寝る直前までお酒を飲む

7 睡眠薬・精神安定剤を服用している

 

 

《日常生活への影響》

家族などの周囲の人の睡眠を妨げる原因に

周囲の迷惑になることから、人間関係に影響することも考えられます

 

疲労感がとれない

イビキをかくと眠りが浅く熟睡できない為、眠った後も疲労感が残りスッキリしないことが多くなります

 

睡眠不足による能力の低下

慢性的な睡眠不足によって脳の働きが鈍くなり、集中力や記憶力、判断力が低下します。その結果、交通事故などを起こす危険性が高まることも。

 

 

《イビキの改善》

ダイエットをする

喉付近や口の中などに脂肪がつくと上気道が狭くなるので、肥満気味の場合はダイエットをしましょう。

ただし、急激なダイエットはかえって体調を崩しかねないので無理は禁物です。

 

鼻呼吸を行う

寝ている間だけではなく、普段から鼻呼吸を行うように心がけて生活しましょう。

 

横向きで寝る習慣をつける

仰向けで寝ると舌が喉のほうに沈み上気道を狭くする原因になる為、横向きで寝る習慣をつけましょう。

 

寝る直前の飲酒は控える

アルコールを摂取すると喉や口の中の筋肉が緩み上気道が狭くなってしまいます。飲酒する場合は、少なくとも寝る3時間前までには飲み終われるように心がけましょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスもイビキの原因になるので、自分なりのリラックス方法を見つけ、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

 

イビキの症状が激しく、睡眠時無呼吸症候群などが疑われる場合は、耳鼻咽喉科や睡眠障害の専門医で診察を受けることをお勧めします。

 

自分にとってのイビキの原因を知り、自分に合った解決・改善策を導き出して自分や周りもイビキに悩まされることのない快適な生活リズムを取り戻しましょう!!

交通事故証明書

aa5a91053f2d1e3c730e620f826aa711_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

 

交通事故の被害に遭われた方は、加害者が加入している自賠責保険や任意保険から治療費や慰謝料などの補償を受け取ることができます。

 

 

しかしその補償を受け取るためには交通事故証明書が必要になります。この証明があれば自費の負担がなく治療を受けることができます。

 

 

交通事故証明書とは、交通事故に遭った時に警察へ申し出て、現場検証や届け出を行うことで初めて発行できる書類です。

 

 

この書類には、どのような人物とどこで交通事故が起こったのかということが記載されています。

 

 

交通事故証明書を発行するためには、まず郵便局で交通事故証明書交付申請手続きを行う必要があります。

 

 

警察で交付申請書をもらってから郵便局で申請しましょう。

この書類が手に入って初めて自賠責保険の補償を受け取ることができます。

 

 

交通事故の被害に遭われた方は、治療はどうすればいいか、損害や補償はどうなるのか、など、疑問や不安に思うことが多いと思います。

 

 

もし被害に遭われてどうすればいいかわからない場合は、なかの杜接骨院の荒川がサポート致しますので、お気軽にご相談ください!

 

 

むちうち損傷

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

今日は夕方からあいにくの雨。。。

天気が悪いと気分も上がらないですね。

 

花粉症の私にとっては恵の雨ですが!笑、、、だいぶ楽です(^^)

 

 

本日は「むちうち損傷」について少しお話します。

 

交通事故の際、首を痛めると「むちうち」と言われます。

でもそれは正確ではありません。

 

「むちうち」というのは怪我の仕方。

背骨がムチのように激しく揺り動かされ打ち付ける

と表現しているのです。

 

というわけで、交通事故で首を痛めた場合

「交通事故の際、むちうち損傷による首の捻挫」

になります。

 

この「むちうち損傷」は交通事故のイメージが強いですが、転倒したり、ボールを頭部に受ける等でも起きます。

予期せぬ転倒や頭部への打撃は、背骨を激しく揺り動かしますからね。

力学的には交通事故と変わりません。

 

「むちうち損傷」による「首の捻挫」は、数年経ってから痛みを出すこともあります。

そうならないよう出来るだけ早く治療を加えておく必要があります。

 

また、寝違え等でも首を痛めてしまいますが、これも交通事故と同じ「首の捻挫」になります。

 

いずれにしても怪我をした場合、早期から治療を開始することで怪我の治りも断然早くなります。

 

怪我をしたと思ったら早いうちに医療機関に診察に行くことをお勧めします!!