オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: ぎっくり腰

腰痛の左右差

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

腰の痛みが出る原因は沢山ありますが、その中でも最も多いのが筋肉による痛みです。

 

筋肉を使うことで負担が蓄積し、硬くなり、血流障害が起きて痛みを出してしまいます。

 

筋肉は日常生活で必ず使うものですのでしっかりケアをしない限り負担がどんどん蓄積してしまいます。

 

腰痛の左右差

 

なぜ腰痛に左右差があるのかについてお話していきます。

 

左右差は

・人間の身体が左右対称に出来ていない。

・人によって身体の使い方にクセがある。

・仕事でよくする姿勢や動作

などが原因で起こってきます。

 

人の身体というのは

骨、筋肉、靭帯、臓器、血管、神経などで作られています。

そして、これらは全てが必ずしも左右対称ではありません。

 

実際、腰につく筋肉は左右それぞれ分かれています。

 

「起立筋 無料素材」の画像検索結果

 

 

身体の左右差でどちらの筋肉に負担がかかりやすいかが分かれてきます。

 

仕事の内容によって左右の差が出てくることもすごく多いです。

右で作業をする、左で荷物を持つ、左足荷重、右足荷重などの差でも

負担のかかり方は大きく変わってきます。

このような少しの差でも痛みのでかたに違いが出てきます。

 

腰痛を根本的に治していくためには原因をはっきり特定し、そこに対してのアプローチをしていくのが大切になります。

 

腰痛にお悩みの方は、ぜひなかの杜接骨院にご相談ください!!

起床時の腰の痛みの原因!?

20121008_59783_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

日中は大丈夫なのに朝起きた時、腰が痛い…

起きた時が一番腰が痛くて、次第にマシになってくる…

そんな経験はありませんか?

今回はその起床時、朝一番の腰の痛みについてお話しします。

 
腰痛の原因は腰にある筋肉が原因の場合がほとんどです。

腰にある筋肉は動かす時ももちろんですが、立ったり座ったり、姿勢を維持するのに重要な役割を担っています。

 

姿勢を維持している間は、その姿勢を維持するための筋肉が常に使いっぱなしの状態になっています。

 

その使いっぱなしの筋肉は血流が悪くなり、次第に硬くなって痛みを引き起こしてしまいます。

 

では寝ているときに腰の筋肉は休まっているはずなのになぜ痛みが出てしまうのでしょうか。

それは、筋肉には20~30分同じ姿勢が続くと固まってしまうという性質があるからです。

 

寝ている時は動かすといっても、寝返り程度なので起きている時に比べると著しく体を動かす量が減ってしまいます。

 

その状態のまま数時間寝ているので、朝起きた時には筋肉が固まってしまい、その固まった状態の筋肉を使って動こうとするので、起床時に痛みが出るのです。

 

起きてからしばらくすると痛みが落ち着いてくる方もいますが、どうしても痛みが抜けず、1日中腰に痛みや違和感が残るという方も多くいると思います。

その場合、だいたいは腰やその周りの組織に何らかの問題があることが多く、放っておくと重症化する場合もあるので早めの診察をお勧めします。

 

なかの杜接骨院では、腰痛に対する治療はもちろん、腰痛予防のためのストレッチ、姿勢矯正なども行っております。

慢性的な腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください!!

トリガーポイントって??

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

本日は『トリガーポイント』についてお話します。

 

皆さんはトリガーポイントという言葉はご存知でしょうか?

トリガー(引き金)ポイント(痛みの場所)

つまり痛みを引き起こす筋肉の硬さのことです。

もちろん痛みは全て筋肉によるものではありません。

 

 

例えば

①外傷(骨折、靱帯損傷の明らかなもの)

②内臓疾患(虚血性心疾患、消化器潰瘍、胆のう疾患)

③感染症

④悪性腫瘍など

 

 

これらのように炎症による痛みも考えられます。

上記の場合は病院で検査をすると見つかります。

 

 

しかし腰が痛くなったり首が痛い場合に病院で検査をしても

「骨に異常がありません。安静にして下さい」

と言われることもしばしばあります。

痛みがあって困り果てて足を運んだのに何もしてもらえなかった。

 

このような場合唯一診ていない所があります。

 

それが筋肉です。

 

病院には筋肉科がありませんので、筋肉のスペシャリストはほとんどいないと思っています。

つまりそこに痛みの原因がある場合は「原因不明」になってしまうのです!

 

 

トリガーポイントがどのようにできるのか?

 

筋肉は縮むことが仕事です。

 

この縮む事には大きく分けて3種類あります。

 

たとえば、上腕二頭筋(二の腕の筋肉)の場合

 

・肘を曲げて重いものを持ち上げる動作(求心性収縮)

・重いものを下に降ろす動作(遠心性収縮)

・重いものを持ち続ける動作(求心性収縮)

 

いずれかの動作を繰り返すことで筋肉の中にしこりができてしまいます。

このしこりにさらに負担がかかると筋肉は血流が悪くなり内部で酸欠という状態になります。

 

この酸欠状態が大問題なのです。

 

筋肉も細胞なので酸素がないと機能しづらくなっていきます。

そうすると筋肉の内部に痛みの物質が蓄積してそれが脳に信号を送り

痛みが発生していきます。

 

トリガーポイントの治療効果

 

トリガーポイント治療は痛みがある場所だけではなく痛みの原因になっている筋肉にも治療を行っていく必要があります。

 

たとえば腰痛があるとします。

腰の背骨に近いところに痛みがあっても、お腹側の筋肉が硬くなり血流が悪くなっていると腰に痛みを引き起こします。これを関連痛と言います。

この関連痛を引き起こしている原因(真の治療ポイント)を治療する必要があります。

痛みの本当の原因にマッサージや電気を使った治療を行う事で確実に効果を出すことができます。

 

血液の循環を改善して酸欠状態を解消することが目的です。

よく分からないけど行ったら楽になるという治療ではなく、なぜ痛くなっているのか?

なぜ治るのか?ここを理解して頂くことも治療の効果に影響が出ます。

 

なかの杜接骨院では、このトリガーポイントを探り、根本からアプローチをかけ治療を行っています。

長く続く痛みでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

本当は怖い足首の捻挫

20130312172230_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は足首の捻挫についてお話します。

 

日常生活でもスポーツの場面でも意外と足をひねることって多いですよね?!

 

でも、ひねった瞬間だけ痛い人や、ひねったけど痛くない人

 

ひねった瞬間から激痛でその後も歩けなくなる人、などたくさんいると思います。

 

そんな方たちに、気を付けてほしいことがあります。

 

ひねった ⇨ 痛くない ⇨ 治った♪

 

ではないのです!!

 

実際は

ひねった ⇨ 痛くないように歩こう(無意識) ⇨ 痛くない ⇨ 治った(ように感じる)

なのです!

 

治ったようで治ってない可能性が高いです。

むしろ、足首に痛みが出ないように歩いているその歩き方に問題があります。

足首に負担をかけないように歩くことで、本来足首が負うべき負担を他の箇所が負担してくれているのです。

 

 

例えば、

ふくらはぎ外側 ⇒  ⇒ 股関節 ⇒ お尻 ⇒ 

 

という風に足首を痛めたその負担がだんだんと上に登っていくように連鎖していきます。

 

 

日常生活で腰に痛みがあったり、腰のハリ感がなかなか抜けない、長時間歩くと腰が痛くなる

なんていう症状がある方、足首の捻挫が原因かもしれません。。

 

少し前に足首を捻っていませんか?

怪我したまま放置して足首に違和感を感じていませんか?

 

 

少しでも気になるようでしたらすぐにでもなかの杜接骨院にご相談ください!!

接骨院ってどんなところ?

boy_question_R

 

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

良くこんな質問を受けます。

 

「接骨院ってどんな時に行けばいいの?」

 

これって接骨院に通ったことがない方はけっこう思ってることだと思います。

 

接骨院に通っている方でも

「接骨院ってそんな症状も診てくれるんだ」

って言われることもあります。。。

 

 

基本的に接骨院で診れるのは

 

骨折脱臼捻挫打撲挫傷(肉離れ)

 

です。

 

スポーツでの怪我はもちろん、日常生活で出た痛みも診ることができます。

 

上記に記述したものは保険を使って治療できる症状です。

また、最近では院によって保険以外の治療を行っているところも多いので、もし興味があればお近くの院、かかりつけの接骨院に確認してみるのもいいと思います。

 

整形外科などと区別するのが難しいと言われる方も多いですが、

 

“整形外科は検査や診断をするところ”

 

接骨院は治療をするところ

 

と思って頂ければ良いかと思います。

 

なかの杜接骨院では、身体の痛みの治療の他に、姿勢の矯正自律神経の調整筋膜リリースなども行っていますので、もし身体のことでお悩みの方は、まずはご相談を!

相談のみは無料です(*^^)v

腰痛

youtsu_man_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

本日は腰痛の原因の一つ、体重増加筋力低下にフォーカスしてお話ししたいと思います。

 

腰痛は、重い物を持ったから・・・とか 転んでしりもちをついたからとか・・・より不良姿勢、 体重増加、筋力低下が起因して発生する場合が実は多いです。

 

不良姿勢により筋肉バランスが崩れ ⇨ それにより基礎代謝量が減少 ⇨ 脂肪燃焼が行われない ⇨ 体重が増加 ⇨ 関節に負荷がかかる ⇨ 痛み

適正な体重を保つためには、食事をコントロールするのがとても大切です。

朝は果物を積極的に摂り、昼夜は野菜を中心に摂り、寝る前の2時間は飲食(水は可)しない。生活を続けると適切な体重を維持出来ます。

日中 水分を2Lほど摂るのも老廃物を早期に除去する観点からもとても大切です。

ここでいう水分はもちろん「水」です。

 

筋力アップは、運動を適度に行う事で可能なので、通勤を車からウォーキングなどに変更する・・・

犬の散歩を長めにする・・・

など、スポーツというより身近な運動を日常生活に取り入れると効果的です。

 

しかし、 腰痛は運動もそうですが、姿勢改善、体重減少を行う食生活の見直しこそが腰痛防止には効果的だと思っています。

 

なかの杜接骨院では、腰痛施術はもちろん、自宅でできる運動指導なども行なっております。

もしヒドイ腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

交通事故証明書

aa5a91053f2d1e3c730e620f826aa711_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です!

 

 

交通事故の被害に遭われた方は、加害者が加入している自賠責保険や任意保険から治療費や慰謝料などの補償を受け取ることができます。

 

 

しかしその補償を受け取るためには交通事故証明書が必要になります。この証明があれば自費の負担がなく治療を受けることができます。

 

 

交通事故証明書とは、交通事故に遭った時に警察へ申し出て、現場検証や届け出を行うことで初めて発行できる書類です。

 

 

この書類には、どのような人物とどこで交通事故が起こったのかということが記載されています。

 

 

交通事故証明書を発行するためには、まず郵便局で交通事故証明書交付申請手続きを行う必要があります。

 

 

警察で交付申請書をもらってから郵便局で申請しましょう。

この書類が手に入って初めて自賠責保険の補償を受け取ることができます。

 

 

交通事故の被害に遭われた方は、治療はどうすればいいか、損害や補償はどうなるのか、など、疑問や不安に思うことが多いと思います。

 

 

もし被害に遭われてどうすればいいかわからない場合は、なかの杜接骨院の荒川がサポート致しますので、お気軽にご相談ください!

 

 

自分のイメージと体の動きの誤差

gi01a201406251600_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

スポーツをやっている人は経験があると思いますが、鏡に映った自分のフォーム、もしくは自分のフォームを動画撮影したときに、自分がイメージしているフォームと違ってることに驚きます。

 

心が支配している体と、脳が支配してる体が一致していないのです。

感覚と実際の動きの誤差、この誤差がスポーツの成績に及ぼす影響は意外と大きい。

 

では、どうすれば誤差を小さくできるのか?

答えは簡単です。

 

鏡の前で繰り返し練習することです。

脳は視覚による刺激の影響を凄く受けやすいので、理屈で覚えるのではなく、見たほうが効果的です。

「百聞は一見に如かず」ですね。

 

自分が思っている通りに身体を操ることができると確実に動きが良くなります。

スピードやパワーはまた別ですが、、、。

 

日常生活動作も同じです。

自分が思っているのと実際の動きには誤差があります。

体に不調を抱えている方は、この誤差が大きい人が多いです。

 

家のあちこちに鏡を置き、身体のライン、そして動きを確認してみましょう。

これはなかなか効果的です。

自分の動きや癖を知ることで、今自分に起きてる不調の原因を発見できるかもしれません。

人は自分のことを意外と自分が一番知らなかったりもしますからね(^^)

 

以上、荒川でした。。

春うつ

utsu_boy_R

 

こんにちは!なかの杜接骨院の荒川です。

 

新年度を迎え、中には学校を卒業し新社会人になったり、職場を変えたり、引っ越しをしたりと、新生活をスタートされた方も多くいるのではないでしょうか。

 

入社式や入学式、始業式・・・4月は何かとスタートの季節です。

しかし、年度始めは新たな環境に身を置くことへの期待と同時に、緊張や不安などを抱えてる人が多い時季でもありますね。

 

体や心はこれまでとは違う緊張状態となり、異なる環境が知らず知らずのうちにストレスに。。。

こうした要因が「春うつ」を引き起こすと言われてます。

 

 

《「春うつ」の原因とは??》

「うつ病」は心の病であることから、まだ判明していないことが多い病気ですが、脳の神経情報を伝達する物質の量が減るなど、脳のエネルギーが著しく欠乏した状態であると言われています。

 

環境の変化からくるストレスや体の不調など、様々な要因が重なることで発症しますが、新生活が始まる春はストレスを抱えやすく、まさにうつ病を引き起こしやすい季節。

 

また、春は出会いの季節であると同時に別れの季節でもあり、慣れ親しんだものとの別れからくる悲哀感や虚無感から、自律神経のバランスを崩しやすいのです。

さらに、3~4月は季節の変わり目で寒暖差が激しいため、季節の変化に体がうまくついていけず、体調を崩しやすいことも「春うつ」の原因としてあげられます。

 

 

《「春うつ」を防ぐ心構え》

うつ病の治療では、【セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン】という3種類の神経伝達物質が重要視されています。

これら3大神経伝達物質がバランス良く働くことにより、脳の機能は健全に保たれます。

その分泌量を高めるために普段の生活から気を付けたい3つの心構えをお話しします。

 

①食事を疎かにしない

3大神経伝達物質の元となるのはアミノ酸です。アミノ酸はタンパク質が分解されて作られるので、質の高いタンパク質を摂ることが重要です。

「うつ病予防に効果的な食材」

タンパク質肉、魚、卵、大豆、乳製品など)

ビタミンB群レバー、カツオ、マグロ、卵、貝類、納豆、バナナ、緑黄色野菜など)

ミネラルレバー、赤身の肉、魚介類、海藻、青菜類、納豆など)

脂肪酸鯖、鰯などの青背の魚

 

朝食を抜くと脳のエネルギーが不足します。1日3回、決まった時間に栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

 

②早寝早起きを心がける

睡眠不足はイライラや気分の落ち込みなど、精神面に影響を及ぼします。夜間のスマートフォンの使用は体内時計を狂わせ自律神経の乱れを引き起こします。

なかなか眠りにつけない、、とお悩みの方は、まずは朝日を浴びましょう!!

20~30分くらい朝日を浴びることで体内時計がリセットされますよ!

 

③頑張り過ぎない!

「春うつ」を防ぐために最も大切なことは、頑張り過ぎないことです。

4月は「スタートだ!」と、いつも以上に張り切って気付かないうちに疲れを溜め込んでしまうことも多いようです。

あまり気構えず、いつもと変わらない生活を心がけましょう。

会社や学校で頑張り過ぎた日は、お家でリラックスして過ごしてください。

 

春は環境が変化し、ストレスを抱え、自律神経が乱れやすい季節。

だからこそきちんとした栄養・睡眠をとってリラックスすることが大事ですね!!

 

産後骨盤矯正

b112_R

 

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

昨日は東京でも気温が25℃と夏並みの暑さでしたが、今日は北風が吹いて少し肌寒く感じます。

このような陽気の時は体調を崩しやすいので、皆さんも体調管理に気をつけてお過ごしください。

 

 

今回は産後の骨盤矯正についてお話いたします。

本日はかなり長くなります!!途中で飽きてしまうかもしれません!笑

が、納得の内容になっていると思いますので最後まで読んで頂けたら幸いです(^^

。。。。

 

 

さて、

妊婦さんにとって出産は一つの大きなゴールですよね。それと同時に子育てのスタートで、「出産後の生活のほうが大変だった」という先輩ママも。

中でも出産時に開いた骨盤が原因で、体重は戻ったのに体型が戻らなかった、腰痛や肩こりがひどくなった、などの悩みは多いようです。

 

 

 

《産後に骨盤が歪む原因は!?》

そもそも産後に骨盤が歪む原因は出産によって骨盤が大きく開くことにあります。

歪んだ骨盤は産後数ヶ月かけてゆっくりと元の状態に戻ります。骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠や出産を通して左右のバランスが崩れていると、正常な位置に戻りづらくなると言われています。

また、横座り椅子での足組みあぐら猫背は体を歪める姿勢なので、産後2~3ヶ月までにこれらの姿勢をとっていると、骨盤がさらに歪んでしまいます。

 

 

 

《産後に骨盤が戻らないとどうなる!?》

骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、体のラインが崩れて筋肉の動きが妊娠前と変わってしまうことがあります。

また、産後は筋力が低下しているので、脂肪の燃焼がうまくいかなくなります。

 

他にも、肩こり腰痛むくみ冷え性不妊などの婦人科系トラブルにも繋がってしまうこともあります。

特に慢性的な肩こり腰痛はほとんどが姿勢の歪みが原因で発症してると言われています。

 

 

 

《産後の骨盤矯正》

そこで大事になってくるのが産後の骨盤矯正です。

歪んだ骨盤を正しい位置に戻すことを骨盤矯正と呼びますが、出産を機会にダイエットや体型の改善を目指すことを産後リフォームと呼ぶこともあります。

 

骨盤が正しい位置に戻ると筋肉も正しい働きをするので、歩きやすくなります。そうすると体全体の血流も良くなり、基礎代謝も上がるので、消費カロリーが増加します。

消費カロリーが上がるということは、それだけ痩せやすい体になってるということ。

産後に体重が停滞していたのに、骨盤矯正を始めて1週間で体重が1~2㎏くらい減ったという事例もあります。

 

 

 

《産後の骨盤矯正はいつからいつまで??》

産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかで、骨盤矯正やリフォームには絶好の機会です。

基本的には、産後6ヶ月までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。産後6ヶ月前後を過ぎると、骨盤のグラグラが少ない状態になり、ゆがみが強い場合は矯正するのが大変になることもあります。

できればそうなる前に骨盤矯正やリフォームを開始しておきたいですね。

 

ただ、産後1ヶ月は悪露が出るなど、出産の影響が体に残っている時期です。無理をすると体調を悪化させる可能性もあるので、産後1ヶ月ほどは焦らず、体調と相談しながら骨盤矯正をスタートしましょう!

 

また、6ヶ月を過ぎたからといって戻らないわけではないので重い腰痛や肩こりに悩まされているのであれば矯正するのをおすすめします!

 

 

 

長々と失礼いたしました!そして最後までお読み頂きありがとうございます。産後の骨盤矯正の必要性ご理解頂けましたか(^^?

 

このように産後の体の不調、姿勢の歪みを改善すべく、なかの杜接骨院では、産後骨盤矯正をはじめ猫背矯正も行っております。姿勢などでお悩みの方はぜひ当院までご相談ください!