オフィシャルブログ

怪我の一番の予防

Share on Facebook
LINEで送る

203_R

 

こんにちは、なかの杜接骨院の荒川です。

 

皆さんは、運動やスポーツ前や終わった後のウォーミングアップやクールダウンをきちんと行っていますか?

怪我の予防のために一番重要なことです。

 
そもそも、ウォーミングアップ・クールダウンにはどの様な役割があるのか?

ウォーミングアップとは、「warm」「up」 という言葉からなっています。
warm・・・暖める

up・・・上げる
身体を暖める、体温を上げるという意味があります。

・スポーツする前に、軽い準備運動。
・物事を本格的に始める前にする軽いならし。

目的

→体温、筋温の上昇

→神経の促通

→柔軟性の向上

ウォーミングアップは心拍数の上昇、筋肉の温度をあげて神経系の回路伝達を良くする目的を持っています。

筋肉が温まることによって血液の流れも良くなり柔軟性が出てきます。

よって、運動のパフォーマンスが向上する効果が期待できるのです。

 

クールダウンはその言葉の通り「cool」「down」という言葉からなっています。

cool・・・冷ます

down・・・下げる

体の体温を運動前に戻すという意味があります。
目的

→運動前の体温に戻す

→疲労を溜めない

 

クールダウンの効果は主に2つあります。

1つ目は「疲労の軽減」です。

ほとんどのスポーツは全身に疲労がたまるわけではありません。

足や腕など部分的に使った場所に疲労がたまりやすくなります。

運動で使った部分には疲労を感じる原因となる「乳酸」がたくさん蓄積してしまうものです。

乳酸がたまればたまるほど疲労を感じて筋肉痛になってしまいます。

しかし、きちんとクールダウンをしておけば乳酸がたまりにくくなるので疲労も感じなくなるのです。

 

 

2つ目は「故障の予防効果」が期待できます。

疲労物質をすぐに取りのぞくことで次にスポーツをしたとき、故障する可能性を軽減してくれるのです。
それぞれを、運動前後で行うことで怪我をする事は大幅に減少します。

楽しく運動していくために行っていきましょう。
普段からの心がけひとつで体の調子が良い状態で運動や日常生活を送ることができます!